2008/08/25

【Eating-out】讃岐うどんの本場へ

週末の金曜日に久しぶりに大阪出張になり、ついでに8/23日の土曜日に、讃岐にうどんを食べに行って来ました。大阪から岡山までは新幹線、岡山に一泊。レンタカーを借りて朝早くに瀬戸大橋を渡り香川へ。何年か前に一度訪問しているので、今回が2度目です。定番のなかむらうどん山越うどんはもちろんのこと、今回ははじめて高松空港に近い池上製麺所にも訪問しました。大体の店は午前中で締まるので、はしごうどんは3件が限度です。一杯150円前後のうどん(以前は100円とか90円だった)で満腹になり、午後には高松空港から羽田まで戻りました。讃岐のうどんは本当においしいですが、ひとつの地域に集中して、同じようなレベルで、少しづつ違うものが集まると、全体のレベルが高まります。同じ小麦粉なのにこんなにコシがあり、艶やかな麺で、喉越しの良さは何なのでしょうか。イリコだしも昆布だしやカツオだしとも違い懐かしい味がしてたまりません。釜玉と生醤油も相性も抜群です。ワインのボルドーやブルゴーニュもそうですが、ハイテクベンチャーのシリコンバレー、本社機能が一極集中の東京、製造工場の愛知県、そして、アラビア語中級クラスの新宿。何でもひとつの地域に集中することでレベルが高くなるのですね。

2008/08/20

【Arabic】名詞文

8/19日アラビア語からテキストの第2章に入りました。8/7日に出た宿題のP38とP39は老眼鏡を会社に忘れたため、飛ばしてもらい、次回9/9日までにやることになりました。情けないことに、ファトハとカスラなどの区別が老眼鏡がないとできないのです。

このテキストは、

第1章 アラビア語のアルファベット関係
第2章 名詞文関係
第3章 動詞文関係

の3部構成になっています。第1章は以前の新宿アラビア語講座のときよりスムースに理解できるようになりました。第2章からは少し単語も覚えないと、つまづくのではないかと思っており、P40の単語、8/19日に勉強したP46とP49の単語と独立人称代名詞も覚える努力をします。新宿アラビア語講座で木曜日に勉強していたメンバーは、そろそろ第3章に突入のようですが、私はやっとで第2章です。ウマル、アリーウン、ナジール、マルヤム、ファーティマ、ザイナブの絵にしっかりと名前を書き込みました(笑)。

2008/08/11

【Eating-out】グリーングラスからアナトリアへ

週末の8/9日は新宿で買い物ついでに西川口のパレスチナ料理のグリーングラスに行きました。日曜は休みで平日は夕方5時からとのことでしたので、新宿から5時に電話をしましたら、営業時間が5:30からに変更になったと留守電。嫌な予感がしましたが、到着が6:00ぐらいなので、オープンしていると思い訪ねたところ、店の中は真っ暗です。まだ開店していませんでした。海外のアラブ料理屋さんなら仕方ないと思えるのですが、ここは日本。しかも西川口は遠かった、、。シシケバブが食べたい気持ちが収まらず帰りは京浜東北線の王子から南北線に乗り換えて、以前に行ったことのある六本木のトルコ料理屋さん(アラブ料理屋さんではない)のアナトリアへ。満員でしたが、ここまで来るとケバブとかフムスがどうしても食べたくなり30分待ちで入店。西川口から六本木と長い旅だったので、空腹でたらふく食べてしまいました。遠いし、いつ開いているか分からないので、グリーングラスには2度と行くことはないと思います。明日のアラビア語はお盆でお休みで、次回は8/19日です。

2008/08/08

【Eating-out】タテルヨシノ

8/7はタテルヨシノの芝店に行きました。このオーナーシェフの吉野さんはパリでレストランを開き、2006年にフランスのミシュランでひとつ星を獲得したという人です。フランスの星付きレストランで働いていたシェフとか、ミシュランガイド東京で星を取るとか、シェフにはいろいろありますが、自らがオーナーシェフでパリにレストランを開き、そこで星を取った人が吉野さんです。日本とパリを行ききしながら料理をしているようですが、昨年、芝店で本人の料理をいただくことができました。このBlogでも紹介した西麻布のKEIZOのオーナーもタテルヨシノの出身のようです。今回はこの店のメートル・ド・テルの杉本さんに弟の杉本敬三さん(BlogをLinkしました)というシェフのお店に予約したことを伝えることもあり久しぶりに訪れました。メインは丸ごとローストしたブルゴーニュ産のブレス鳩をいただきましたが、ブレス鳩は通常の鳩より足が太く、身も厚く、濃厚な肉の味がします。前菜も、鮑のローストもほんとうにおいしかったです。今回はコース料理を頼まずアラカルトで行きましたが、薦められるものをほとんど頼んでしまい、かなりの量でした。フレンチをこんなに満腹になるまで食べたのははじめてです。

今年の夏休み(その2)はフランクフルト経由(ゲットーも含む)アルザスなのですが、予約した杉本敬三さんの働くレストランはアルザスにあるのです。食材の宝庫アルザスでどんなフレンチが食べれるか、フランスでも評判の日本人シェフ杉本敬三さんの料理はどんな味なのか、羊料理が得意とのことですが、リースリングアルザスワインとの相性は。。。8/27日からの夏休み(その2)が楽しみです。8/26日は取引先との会食、9/2はアルザスと、2週連続でアラビア語はお休みです。

2008/08/07

【Arabic】マッダ記号

8/5日はテキストP36でマッダの解説と、P37の1,2,3,4の練習問題を行いました。

マッダはアリフの長母音で、 آ で現します。
アリフが連続する際にマッダ記号で省略し、 تِأَامَرَ の أَا をآ とします。

次週の8/12日はアラビア語はお盆でお休み、P38,39が宿題です。

松尾先生に教えてもらったパレスチナ料理のお店「グリーングラス」に週末に行ってみようと思っています。埼玉県川口市にあるようですが、ベツレヘムで食べたシシケバブの味が忘れられず、いろんな店(アラブ料理系、トルコ料理系)で試すのですが、あの味がしないのです。自分でも作ってみるのですが、ジューシーさが出ない。そこで川口まで行くことにしました。