2009/01/28

【Arabic】アラビア語の読みと接尾人称代名詞[2009年1月27日]

1/27日の新宿アラビア語講座はテキストP75の読みと、P76,77の接尾人称代名詞、及びP75の翻訳を3行行いました。P74のアラビア語の作文は保留(参加者の多いときに行う)にしましたが、今日は参加者が少ないために「読み」「文法」「翻訳」と充実した講座となっています(笑)。

先の見えない不況のためか、アラビア語の勉強に投資をするより、現実問題として今の生活をどうするか、今年後半から来年、再来年はどうなるか、という漠然とした不安感や危機感からか、アラビア語を学ぶ人が少なくなっているのは確かです。
一般論ですが、良いときに縁のあった人も悪い状況になると去って行くのは人の世の常ですが、悪いときに縁のある人は永い付き合いができるものですから、この時期を大切にしたいと思います。

次回は2/3日の8pmに新宿アラビア語講座です。

2009/01/21

【Arabic】アラビア語の読み[2009年1月20日]

1/20の新宿アラビア語講座はテキストP74[1]の12から17までと、P71の読みを複数回とP75の読みに入りました。今回から文法より読みが中心になりましたが、読みが苦手なので助かります。次回は1/27に新宿アラビア語となりますが、次回も読みが中心になると思います。

2009/01/13

【Australia】ハミルトン島(オーストラリアは人手不足)

1/8から12日までオーストラリアのハミルトン島という島でのんびりしていました。日本からはケアンズで乗り換えて1時間程度。グレートバリアリーフの玄関口のようなリゾート島です。ダイビングは雨季のためか波が荒れて透明度が悪く、視界1,2メートルという状態でした。風のためにグレートバリアリーフでのダイビングはできず、ハミルトン島から船で1時間程度のところでのダイブです。のんびりするのが目的でしたからそれはそれで良いのですが、少し驚いたのは日本と違いオーストラリアは人手不足のようで、時間給20ドル(オーストラリアドル)の仕事は普通にごろごろしています。テレビ宣伝でも鉱山労働者募集(年収1,000万ぐらい?)など一次産業の募集が盛んで、日本の派遣切りの報道とはえらい違いです。移民がどんどん増えていますが、理由のひとつに移民しても年金は自分で支払った分は元の国に戻っても100%帰ってくるからだそうです。英語が得意な人にはいいところかも知れませんね。ハミルトン島は島の管理人を900万円/半年で募集中

今回の旅はケアンズまでの帰りの飛行機が嵐のために遅れてしまい、融通の利かない格安航空会社のJetStar(以前はケアンズ-成田はJALとカンタスと共同運航だったが今はJetStarのみ)は搭乗できず、カンタス航空でケアンズからブリスベン、そこで乗り継ぎシドニーへ、そして成田へと12日の夜に帰国する予定が13日の朝6時に成田到着。タクシーで自宅に行き、シャワー、朝食、着替えて会社へと24時間の飛行機の旅でした。無事13日(火)から仕事ができてよかったのですが、ちょっと疲れているので、今晩のアラビア語はお休みをいただきます。次回は20日の火曜日pm8:00から新宿アラビア語教室です。

2009/01/07

【Arabic】独立人称代名詞[2009年1月6日]

2009/1/6はじめてのアラビア語講座はテキストP70の[2]の残りの答えあわせとP74の[1]の1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12でした。まだまだ進捗が遅いので今年は少しづつペースを上げれるようにと思います。独立人称代名詞が出てくるとコロッと忘れています。
次回は1/13に新宿アラビア語講座となります。

2009/01/05

【Fishing】カワハギ第3弾、はじめてのシロギス釣り

新年あけましておめでとうございます。今年の正月は昨年暮れに田舎に帰省したために東京で過ごしました。1日は豊川稲荷に初詣。船宿が営業していたので2日はカワハギ釣り。3日は波が荒くカワハギが無理だったのでシロギス釣り。と釣り三昧です。2日の釣果は二人で5匹のカワハギとカサゴ1匹ですが、合わせのタイミングも少し掴みかけた感じがします。3日のシロギスは餌を落とすと釣れているという感じで30匹以上は釣りました。小さいものは天ぷら、大きめのものは塩焼き、そして大量の干物も作り冷凍庫に保管です。干物はあまり長く干さない方がおいしいものです。江戸前の魚は三浦半島房総半島を線で結ぶその内側で取れた魚を指すようですが、大井から船で1時間ぐらいのところで季節によりいろいろな魚が楽しめそうです。

帰りのタクシーで運転手さんが釣り話しのついでにキンキの料理法を教えてくれたのですが、何も入れない水にキンキを入れて弱火で自ら20分程度煮るだけ(湯煮という料理法のようです)。そして醤油(とかソース)と味の素で食べると最高とのこと。以前に北海道の知人もこれはおいしいと聞いたことがあり、淡白なキスとは対照的な脂の乗ったキンキも食べたくなってしまいました。

話は飛びますが、年末年始とイスラエルによるガザの進行が始まってしまいました。戦火がヒズボラやシリア、そしてイランに拡大しないことを祈っていますが、以前の石油高でおいしい思いをしたことで、石油が高くなった方がいい人たちの利権も絡んで来ると厄介ですね。