2009/02/25

【USA】三匹の蛙(Leap Frog)

2/24日の新宿アラビア語講座の教室のポルトリブレで東京新聞の夕刊があったので斜め読みをしましたが、記事に「AIGがQ4(10.11.12月)の3ヶ月で5.4兆円の赤字」とありました。5.4兆はたった3ヶ月でのひとつの企業の損失額です。米国の不良債権の奥深さを感じるニュースでしたが、欧州はアメリカの6倍もの不良債権がまだあるそうです。日本では欧州の経済ニュースはあまり流れて来ませんが、米国の企業も欧州で事業を行っているのでしょうから、当然影響を受けます。さらに今回の不況は産業や会社の構造の変質をも伴っていますから、今までの不況と質が違います。景気の底がいつなのか、底を感じるものは何なのか、底からの脱出は過去の歴史のとおりハードパス(戦争)なのか、あるいはハードパスのかわりに繁栄へのソフトパスを生み出すイノベーションはあるのか。FRBバーナンキ議長は2009年に景気は底をうち、2010年に立ち上がるとニュースにありましたが、現実主義者の私は米国の景気の底は2010年になり、米国が立ち上がるのに追随するように日本は緩やかに浮上してくると予測します。今年、来年は未来に向けて変化できる準備を行っていれば、底を打ったときにチャンスが到来するのでしょう。

幸田露伴が娘の幸田文に船が転倒したら身体を丸めて底まで沈め、決して焦って泳ぐな、底に着いたら思いっきり足を蹴り浮上すれば助かると」言っていたようですが、身軽にしておかないと体力を消耗し、底が25mとか30mとかになると足が着く前に息が切れてしまう可能性もあります。

「ある日、三匹のカエルがどういう訳か、大きな牛乳の桶の中に落ちてしまった。
一匹目のカエルは後向きの性格で、こんな大きな桶でミルクも深いし、もがいても桶からはい出ることは出来ないだろう。と、すぐあきらめてしまった。その上、何をやってもうまく行かなかった過去を思い出して、どうしようもないとブクブク沈んで行った。
二匹目は、運命を信じるカエルだった。神のおぼしめしで、こうなったのだから死ぬか生きるかも神が決めることと何もせず、これもブクブクブク…
三匹目のカエルは、大変なところに投げられたと思ったが、息が続く以上、ガンバローと、一生懸命足で泳ぎつづけた。すると、足許が少し硬くなってきた。ミルクを足でかき回すものだから、バターができはじめたのだ!カエルはそれを足場にしてピョンと桶の外へ飛び出して助かったという。」

三匹の蛙の例えの方がフィットしそうですか、それとも幸田露伴ですかね。

【Arabic】前置詞句の(名詞+接尾人称代名詞)[2009年2月24日]

2/24日の新宿アラビア語教室はテキストP74[3]を行いましたが、⑥で、前置詞句、つまり、「前置詞+名詞」の名詞に接尾人称代名詞(人称代名詞接尾形)がついた場合のシャクルのつけ方を間違えました。基本的に接尾人称代名詞は発音の例外を除いてシャクルは決まっています。前置詞の後の名詞は属格・所有格(~の,i)に変化するので、ついつい接尾人称代名詞のシャクルを属格・所有格にしてしまいました。ややこしいのですが、

「基本的に接尾人称代名詞のシャクルは発音以外の要因では変わらない」

「前置詞+名詞の名詞は属格・所有格になる」

次回はP75ですが、「読み」を終えていないので、他の方々が問題を解いているときに読みをお願いしました。このアラビア語講座も盛況になって欲しいですし、自分も語学の勉強ですから読みも多少はやりたいものです。

次週は3/3日で新宿アラビア語講座はpm8:00です。

2009/02/23

【Syria】シリアの花嫁と1992年から2000年ごろまで

2/22日は岩波ホールに「シリアの花嫁」という映画を観に行きました。この映画に興味を持った理由は、ストーリーなどは別にして、懐かしさからですが、1992年から2000年頃までイスラエルのハイテクを日本に輸入する仕事を中心に据えていた時期があります。1990年の初頭に日本のバブル景気が崩壊したり、取り扱いをしていた米国の製品が買収されたりと、ビジネスモデルの変更をせざるを得なくなり、以前から興味のあったイスラエルに行くことになったのです。3ヶ月に一度のペースでイスラエルに行き、契約やら調整やらで合計6つの会社と契約し、山一證券(倒産前)からイスラエルのハイテク企業に投資を行うように交渉したり、と忙しい毎日でした。イスラエルではシャバットになると何もかも休みなるので、友人とゴラン高原の温泉(隣に温泉のお湯でワニ園がある)に行ったことがありましたが、そこは大きな露天風呂で、シリアとイスラエルの国境の近くにあり、温泉の対岸がシリアでした。ゴラン高原の山岳に住むドゥールズ派のアラブ人とイスラエル人が一緒にこの温泉に入っていました。ドゥールズ派の人はイスラエルの兵役にも参加し、勇敢な民族のようですが、今回の「シリアの花嫁」はドゥールズ派の花嫁がシリアに嫁ぐ物語です。ドゥールズ派はイスラム教の密教と呼ばれているようで、その聖典は誰も見たことがないそうです。
この映画の映像は懐かしいゴラン高原の風景でしたが、ドゥールズ派の家の屋根には沖縄のシーサーのように鷹の置物がなかったので撮影はドゥールズ派の街で行われていないかも知れません。昔ユダヤ人もそうだったらしいのですが、ベトウィンもドゥールズも結婚は父親が決めるという前提の映画です。最近はどうなのでしょうか。3年前にベトウィンの家族を訪れたとき、最近は父親同士が結婚を決める習慣は薄らいできたとのことでした。

1983年からの10年間、そのデセンターは2002年からの今の仕事

1992年からの2000年ごろまでイスラエルでのビジネスのデセンターは仕事の中身を10年毎に変えるとすると、2012年ごろから始まるということになりますが、どうなることやら、、。
         

【Fishing】アジ釣りとデセンター

2/21日は金沢八景から東京湾に行きアジ釣り(ライトタックル)に行きました。釣果は27匹、イシモチが5匹にアジが22匹です。カワハギシロギス、アジと海釣りはなかなか楽しいです。いつもは東大井から船で1時間の三浦半島と房総半島の間で釣りますが、今回は金沢八景までレンタカーで行きそこから10分で同じ場所まで付きました。東大井からは1日コースしかありませんが、金沢八景や千葉からは半日コースの船が出ています。帰りに三浦半島の温泉(のぼり雲)に立ち寄りアカスリと食事でリラックス。帰宅後アジの刺身と干物を作り、イシモチは蒲鉾にしました。越乃寒梅で一杯やりながらのアジの刺身は最高です。

今回は1980年代にお世話になった人と久しぶりの再会から金沢八景からの釣りになりました。
1983年に会社を創業しその頃に米国のハイテクを日本に販売していた会社と代理店契約をすることからビジネスを始めたのですが、昨年はその頃一緒に働いていた人や取引先だった人に20年ぶりに偶然再会するなど、奇妙な年でした。1983年からバブルが崩壊する1992年ごろまでの10年間はその代理店でビジネスを拡大してきましたが、2002年から今は、自分が米国の会社のの子会社で日本に製品を販売し代理店をコントロールするという逆の立場になりました。まさしくデセンターです。センターを相手にずらすことで過去の経験が活きてきます。私の場合は人脈が隔世遺伝のようで、前の仕事の人脈が次の次の仕事に繋がり、次へは連続性がないようです(笑)。
                   

2009/02/19

【Eating-out】乃木坂 シェ・ピエール

2/19日は久しぶりにフレンチでの外食をしました。東京で最初に食べたビストロの「シェ・ピエール」に行きました。ここはブルターニュ出身のピエールさんのお店で、フランスらしい味付けのフレンチ好きには有名な店です。以前、会社が近くにあり偶然入ったことから幾度か通ったのですが、レストランに行くことが多くなり、気取らないビストロは久しぶりです。食材のすべてを見せてくれて選ぶスタイルなので、慣れないと面倒ですが、どれもこれも食べたくなり、少しづつシェアしていただきました。時期的にジビエは鹿ぐらいでしたが、サフランを使わないブイヤベースは絶品です。オーナーのピエールさんがサフランが嫌いらしく赤のパブリカ色のスープでマルセイユで食べるものとは見た目が異なります。ここはレストランでなくビストロなので気軽です。
        

2009/02/18

【Arabic】基本アラビア語入門(大学書林)[2009年2月17日]

2/17日の新宿アラビア語講座はテキストP75[2]の⑦⑧⑨のアラビア語作文とP23の読みを同時に行いました。今回も、新しく2名の方が増えたので総勢8名となり座る椅子が足らないくらいの大盛況です。現在はP23ですからハムザを勉強中ですが、このblogでは[2008年6月13日]に解説された内容です。次週はハムザの宿題などで静かそうですので、私の方はP74[3]から、P75にも少し入れればありがたいです。
そろそろアラビア語の文法の本も購入しようと、Amazonの「基本アラビア語入門」(大学書林)を中古で購入しました。アラビア語関係は参考書が少なく高いのも欠点ですね。

新人の方が増えたのでアラビア語講座終了後に簡単な飲み会がありましたが、その席でアッラーは「上に」のアッラーから来ていると思っていましたが、どうも諸説あるようです。ユダヤ人のキッパーが頭の上に付けるもので、人が謙虚にあるべきことを意味するものなので、アッラーも「~上のもの」と勘違いをしていました。

ところで村上春樹エルサレムでの講演の翻訳を読みましたが、「システム」と表現するくだりは本質的ですね。「システム」は「システムを創造した側」に有利に働くものですから。

次週は2/24日pm8:00から新宿アラビア語教室です。

2009/02/16

【Walking/Trekking】上野毛から九品仏へ

2/15日は上野毛から九品仏までの6キロぐらいのコースをウォーキングしました。今回も道に迷い3時間は掛かったので10キロコースというところでしょうか。上野毛では五島美術館にも入館しましたが、東急の創業者が所有していた茶器が展示されていました。以前にある財団の評議員になったことがありますが、創業者は得た利益から財団を設立し、そこで美術館などを作る手法は節税の共通した手法です。歴史的な千利休の茶器や書が集まり大切に保存されるのは後世にとりいいことなのでしょうが、もっといいお金の使い方はないものかと思いを馳せてしまいます。途中、都内とは思えない等々力渓谷も歩きましたが、長良川最上流の生まれの私には水の汚さが気になります。
毎日の5キロと毎週の10キロのウォーキングで足腰も丈夫になってきています(笑)。

【Eating-out】銀座 天あさ

2/13日に会社の上司がロンドンとニューヨークから来日したので銀座の天あさで食事をしました。ここは南青山の天青と兄弟店で、味も雰囲気も同じでした。毛の付いたままで揚げたヤングコーン蕗の薹が季節を感じ絶品です。いつものことですが天ぷらは新鮮な野菜を腕のいい鍋前が揚げるとオイリーでなく外人は大喜びです。

2009/02/12

【Walking/Trekking】東京ジャーミイ

2/11日は自宅から東京ジャーミイまで5キロのウォーキングを行いました。天気が曇りで少し寒かったのですが、東京ジャーミイにははじめて入りました。ジャーミイはトルコ語でモスクを意味するようですが、アラビア語書道の見事なタイルや、モスクの荘厳な雰囲気(ふんいき)はいいものです。
アラビア語の書道などできると楽しいでしょうね。

【Arabic】前置詞+接尾人称代名詞

2/10日の新宿アラビア語教室は、前回と同様に参加者多数でしたが、「読み」は新規に参加された方々のページであるP23で行い、アラビア語の作文はP74[2]の⑤⑥を行いました。ペースは遅くなりましたが、P77で学んだ前置詞に付く接尾人称代名詞も⑥にあり、文法の復習と読みを行えました。しかし、前置詞に接尾人称代名詞が付くといのは日本語的には理解しにくいことですね。

(2)前置詞+人称代名詞接尾形

次回は2/17のpm8:00から新宿アラビア語講座です。

2009/02/09

【Walking/Trekking】豪徳寺から三軒茶屋へ

2/7日は安政の大獄で暗殺された井伊直弼のお墓のある豪徳寺から世田谷八幡宮勝光院へ立ち寄りました。この勝光院は三河の吉良家の一族のお墓があります。吉良上野介の屋敷が両国にあるのでてっきり両国のあたりを治めていたと思っていましたが、もともと世田谷地区を井伊家の前に治めていたようです。
そして松蔭神社へ。吉田松陰の墓がここにあるのも驚きです。そしてその墓の小さなこと、、。
豪徳寺から三軒茶屋までのコースで寄り道やら迷子になったため10キロ以上は歩きました(笑)。世田谷も歴史情緒のある街ですね。

2009/02/04

【Arabic】Hamsa blogの記録[2009年2月3日]

2/3日の新宿アラビア語講座はテキストのP74[2]の①②③のアラビア語作文を行いました。前回と違い、なぜか、今回の火曜日は私以外で4名の参加となり、合計5名のアラビア語講座だったのでした。前回は消え行く蝋燭のようにこの講座で学ぶ人が少なくなるのではないかと危惧していましたが、以前に勉強していた方もカムバックし大盛況です。
で、今回はアラビア語の作文となった訳ですが、次回からうまく補習を受けて、大盛況のアラビア語講座を続けようと思います。
ところで、今回のアラビア語の作文で「名詞と形容詞の格の一致」を忘れていましたので、Googleで検索していましたら、このHamsa blogですでに解説されていました。自分で言うのも変ですが、過去を記録しておくと何かと役に立つものです。

2009/02/02

【Walking/Trekking】目黒から広尾へ

今年の夏休みはアイガー北壁を眺めるトレッキングコースの複数のルートを毎日ひとつづつ歩くというプランを立てたため、体力をつけるために、休日になると7キロから10キロのウォーキングを行っています。それに加えて毎早朝の4キロのウォーキングと、週に一度の加圧トレーニングでの筋肉作りも行います。2/1の日曜日は目黒から中目黒、そして広尾というコースで、途中の目黒不動尊にお参りする7.5キロぐらいのコースを歩きました。東京は歩くといろいろな発見があります。例えば、目黒川には鮎の遡上があるようですし、桜の季節は川辺が美しいようです。変わったところでは財団法人目黒寄生虫会館という寄生虫専門の会館がありました。興味本位で入館してみましたが、数組の若者カップルが見学していてビックリ。寄生虫のTシャツとか、ポストカードも売っていました(笑)。