2009/03/26

【Arabic】アラビア語パーソナル・トレーニング1回[2009年3月25日]

週に1度アラビア語講座を行なうのですが、私の場合は「読み」が本当に苦手で、その弱点を補強するために松尾先生に相談して「アラビア語パーソナル・トレーニング」というスポットの個別指導コースを用意してもらいました。パーソナル・トレーニングは個別指導、個人指導、家庭教師を指しますが、アラビア語講座に参加している人に限り、スポットで5,000円/2時間・人・回という価格で行なうことができます。3/5日は八丁堀の会社のトレーニングルームを借りて6:30から2時間の読みのみのパーソナル・トレーニングでした。テキストP80、名詞文にも入りP90,P94,P98まで。来週もお願いしましたので、読みだけは先行してどんどん進んで行けます。自分の弱点や苦手なところがあった場合はこの「アラビア語パーソナル・トレーニング」を活用するのもひとつの方法かも知れません。

2009/03/25

【Arabic】繰り返し、繰り返し[2009年3月24日]

3/24日はテキストP78[2]⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮でした。同じことを繰り返し、繰り返し、行うのですが、このテキストの良いところは、そこにあるのだと思います。

次回、新宿アラビア語講座は3/31日pm8:00。
3月は火曜日が5回になりますが、5月に連休もあるので行われます。

【Eating-out】西麻布二丁目の鮨屋

3/20日からの3連休は、田舎の母親と岐阜県大垣市に住んでいる弟家族(ワンパク3人組)が東京を訪れました。明治神宮、皇居、隅田川水上バスで浅草へ、人力車で浅草観光、そして東京タワーと。はとバスのような東京観光を20,21日と続け、最後のクライマックスは近所の鮨屋へ。この鮨屋は西麻布二丁目では有名な鮨屋で、値段も高くなく、ネタもその日の築地から、江戸前の握りの腕前、シャリの焚き加減、米同士のつまり具合、何を食べても「おいしい」と声を出したくなる鮨です。狭い店ですが、二階に座敷があり、貸切でゆっくりとおいしい鮨をいただけます。弟の子供たちも大喜び。子供のころにおいしいものに触れると人生が変わるだろうなぁ、と思う次第でした。近所の人のための店なので名前などは明かせませんが、ディープな西麻布を体験できる店のひとつです。

2009/03/18

【Arabic】アラビア語作文+Alpha [2009年3月17日]

3/17日の新宿アラビア語講座はテキストP78[2]のアラビア語作文①②③④⑤と初級の人に混ざり読みを少し。このテキストは大きく3つの章からできています。1章はアルファベット、2章は名詞文、3章は動詞文。あと1つの項で名詞文が終わり動詞文になります。演習問題に集中すると文法主体になり、苦手な読みや会話を忘れがちになるのでこれを補填する必要がありますが、方法論を松尾先生と話し合っています。

次回は3/24日pm8:00が新宿アラビア語講座です。

2009/03/16

【Walking/Trekking】DRCと富士吉田うどん

3/14日はたまに行く赤坂見附の酒屋に歩いて買い物に行きました。片道30分、往復60分のウォーキングコースで6キロぐらいでしょうか。酒屋の奥に保存してある2005年DRCをこっそり紹介してもらいました。通常は手に入らないか、高価なものです。その場で購入したかったのですが、4月末まで判断する時間をいただきました(売らずにキープしてもらっています)。10年ほどセラーに寝かせ、飲み頃に飲んだらおいしいだあろうなぁ。買うか、買わないか、どうしようと悩むところです。もともとワインはワイフの趣味ですが、困ったことに飲むとおいしいのですね。これも人生を豊かにするもののひとつになってしまいました。

翌日の日曜日は自宅から泉岳寺まで歩き浅草線で戸越銀座へ。この間は60分ぐらいのウォーキングだったので土曜日と同じくらいの距離です。戸越銀座での目的は富士吉田うどんをいただくこと。硬い麺に濃厚な汁のうどんですが、なかなかおいしかったです。

毎朝4キロのウォーキング、週に1度の加圧トレーニング、そして週末にウォーキングを2日連続。このペースはハードなので今後は土日のうち1日は完全休息の日にしました。

2009/03/11

【Arabic】フランス語のテキスト3部作[2009年3月10日]

3/10日の新宿アラビア語講座はテキストP78[1]のQ&Aを行いました。私のアラビア語の能力が低いので、これもひとつひとつ訳し、P75に戻り回答を作るというプロセスを踏んでいます。本来ならば気軽に聞かれて、気軽に口頭のみで答えるという類の問題だと思います。

しかし、このテキストは良くできています。フランスにアラブ系の人が500万人いるためか、日本と違いアラビア語教材が市場原理により充実しているのかも知れません。このテキストは3部作で、現在のテキストVolume1で約230ページ、tome2(2巻)tome3(3巻)(2,3巻はアマゾンフランスで購入可能)と続きます。英語の教科書ですと、中学1年生レベルがVolume1、中学2,3年が2,3巻ということらしいので、アラビア語の入門3部作というところでしょうか。繰り返し、繰り返し、同じことが演習問題で現れるために、記憶力の弱い私でも少しは頭に入ります。難点はフランス語で解説されていることですが、これを日本語に翻訳するには、翻訳権の取得、販売権の取得、そして日本語訳と、時間とお金がかなりかかります。日本にそれだけアラビア語を学ぶニーズが深くあれば投資をする人も現れてきますが、おそらく現状では不可能ではないにしろ、難しいことでしょう。

しかし、相手の文化や、人となりを理解するためには「はじめに言葉ありき」ではありませんが、まずは言葉を学ぶことが必要でしょう。それには根気も必要でしょうし、環境も必要かも知れません。私は、せめて「中学1年の英語レベル」、つまり、このテキストはこなしたいと思っていますが、たまに、寒い日や雨の日などは、サボりたくなってしまいまう自分がいます。

3月なのに昨日の夜は寒かったです。
次回、新宿アラビア語講座は3/17日pm8:00から。

2009/03/09

【Walking/Trekking】江ノ島

3/7日は東海道線の藤沢駅から江ノ島までウォーキングを行いました。この間は6.5キロぐらいですが、江ノ島を1週したのでプラスするいつものように10キロぐらいのコースでした。以前にレンタカーで鎌倉などを訪れた際に江ノ島を眺めはしましたが、島の中まで入ったのは今回が初めて。階段を下りて岩屋まで行き、帰りに魚見亭しらす丼をいただきましたが、予想以上においしいものでした。作り方は簡単でご飯の上にしらすをたっぷり乗せ(しらすは電子レンジで少し温めた方がいい)、そこに昆布の佃煮と大葉の千切り、そして生姜を乗せ、醤油をかけていただきます。生しらす丼もあるようです。親子丼の鳥肉の代わりにサザエを入れた江ノ島丼も名物。食後に常温の日本酒を海の見えるテラスでいただきながら、イカ焼きをつまみにとんびを眺める、心地よい休日です。

いつもウォーキングをして思うのですが、その土地へは行ってみなければ分からない、住んでみなければ分からないことが一杯ありますね。

2009/03/04

【Arabic】接尾人称代名詞の付いた名詞は限定扱い[2009年3月3日]

3/3日の新宿アラビア語講座はテキストのP75の読みと訳、及びP76,77の接尾人称代名詞関係の文法でした。
その訳で

「小さな彼の机」(小さな:形容詞、机:名詞)

のアラビア語は、

  مَكـْتَهِ آلصَّغِيرِ   

هِ が「彼の」という接尾人称代名詞ですから、「彼の机」となります。

※3人称の ـهُ (hu)、 ـهُمَا (humā)、 ـهُمْ (hum)、ـهُنَّ (hunna)の ـهُ (hu)は、i または ī 、ay という音の直後にくると ـهِ (hi)になります。

「彼の」と所有を限定された場合は「名詞」と「形容詞」は格が一致しますので、形容詞に定冠詞 ال が付きます。

もうひとつ「否定文に対する肯定」についても学びましたが、まだ良く分かっていないので、次回にまとめます。

3/10日の新宿アラビア語講座はP78[1][2][3]です。

余談ですが、これはイスラエルにある地底の町の写真です。ペトラも上から掘ったそうですが、中東では身を隠すために地底に住む場合もあったようですね。ご参考まで。

2009/03/02

【Walking/Trekking】草加

2/28日は錦糸町方面で用事があったので、東武伊勢崎線の草加市でウォーキングをしました。途中、草加せんべいを焼いたり、迷ったりしたために3時間ぐらいかかりましたが、6kぐらいのコースです。3月に入り春ももうすぐなので、下旬ごろから街歩きからトレッキング移る予定です。

春の高知でとろけるような初カツオのタタキを食べる小旅行も計画中です。