2009/04/29

【Palestina】ビリン・闘いの村の感想

 4/21日の実践アラビア語講座の際に「ビリン・闘いの村」というDVDを購入しましたので、その観覧感想をまとめておきたいと思います。

まず最初に感じたことは、

「この映画・映像のユーザーは誰なのか?」

ということをとらえることができません。
 パレスチナの状況を伝えるドキュメンタリーでそれが地上波などで放送されるのであればそれを見るユーザーが誰かを考えなくても、

「映像を供給するれば、見る人(需要)は必ずいる」

ということになり、それを見た何百万人の人の中で感動したり、意見したり、反対したり、悲観したり、怒ったりする人は出現します。
 もちろん、経済的な見返りを求めるスポンサーがいるという前提です。

 地上波と違い、DVDを購入する人、映画館に足を運ぶ人は、個人でジャストインタイム(Just-In-Time)にお金を支払いますから、支払う理由が必要になります。
 この映画・映像に、

「お金を支払うユーザーは、なぜお金を支払うか」

ということを考えてみますと、

 ①「パレスチナ問題に興味がある」
 ②「人に勧められる」
 ③「付き合いで買う」
 ④「その他」

 最近は景気後退のためマス媒体(TV、ラジオ、新聞、雑誌)の不特定多数へ一度に配信するタイプの広告が激減し、少ない予算はターゲッティングされた顧客への広告費や販促費などが振り向けられ、マス媒体各社が赤字経営になっています。当然、外注先の制作費もますます厳しくなり、不動産による利益のある放送会社以外は軒並み経営的に苦境です。
この傾向は景気後退期から脱出後に元に戻ることは考えにくい。
となると、組織も人も、構造転換、思考転換を行う必要がありそうです。

 2005年8月にイスラエルに訪れたときにパレスチナとの分離フェンス賛成の人と反対の人が車にそれぞれの意思を示す色のリボンをつけていましたが、もっと取材すべき点がパレスチナ側にもイスラエル側にもたくさんあったように思いました。

 個人的には非暴力抵抗を選ぶ深層心理などのストーリー性も欲しいと思いました。
 (製作、配給HAMSAFilmsなのですから、、。)

 次作いつになるのでしょうか。

【Arabic】演習問題とセイの法則[2009年4月28日]

4/28日はテキストP83[1]の演習問題を行いました。このスピードの遅さに自分ながら呆れていますが、次回は[2][3][4]を目指し、5月中にP85からの名詞文の復習を完了させて、動詞文に入りたいものです。

ところで、4月ぐらいからこの実践アラビア語講座のルール化など松尾先生と相談しながら決めています。テキストの裏表紙にこのテキストを購入し学び始めた日付を書いてありますが、

「2007年10月2日」

となっています。これで約1年半お世話になっていますが、その途中で辞めてしまう人がいました。興味本位だったためすぐに辞める人や、仕事の都合で辞める人は仕方がないと思いますが、システムがある程度整備されておらず辞めていく人がいたことは残念なことです。有料の講座なので、当たり前のことをシンプルにルール化しまとめておくと、そういう方々も今後は少なくなるのではないかと、、。

もうひとつ取り組みだしたのはこのテキストの日本語化です。
現在のアラビア語の書籍は挨拶程度の入門書と大学教育レベルの文法書は揃ってはいますが、

「その中間の実務書」

は存在しません。
もしこのテキストが日本語化できればそれが実現できます。
松尾先生の人脈から出版社に出版の打診をしていますが、これがなかなか面白いのです。
言語系の出版社は大学のテキストとて利用してもらうと出版リスクが少なく、ベストセラーにはならないけど安定した売上が伸ばせるのでそういう本を出版したがります。つまり、

「供給すれば需要が起きる」

という考えです。これは書籍を読む人が「顧客(需要側)」ではなく、「教える人が顧客(供給側)」なのです。
これを経済では、

セイの法則

と呼んでいますが、アラビア語書籍の世界は「セイの法則」が成立しています。
読者が書籍を購入して供給側の出版社が利益を得るという一般的な経済法則にはなっていません。

という状況下でこのテキストの日本語化を引き受けてくれる出版社を探しあてるか、あるいは別の代替え案を考えるか、しばらく模索してみたいと思います。

自分もこのテキストでアラビア語を学びますが、
これから学ぶ人にもアイガー北壁のようなアラビア語の「崖を登るノーマルルート」を残せたら面白いですからね。

次週の火曜日はゴールデンウィークで祭日で休みなので、その翌週の5/12日にpm8:00から新宿ポルトリブレで実践アラビア語講座です。

※祭日は会場のポルトリブレが休みなので実践アラビア語講座はお休みになります。昼間のコースであれば祭日も4回/月のルールで行うこともありますが、火曜日の実践アラビア語講座は昼間働いている人が夜受講するので原則祭日はお休み。基本的に3か月単位の受講なので、1か月に4回でなくとも3か月で12回という回数を行うことになりました。これも単純なルールですが、必要なことです。

2009/04/22

【Arabic】宿題と火曜日コース[2009年4月21日]

4/21日の実践アラビア語講座はテキストP80をすべて訳し、時間が余ったのでP83[1]のQ&Aを少し行いました。P80はパーソナル・トレーニングのお陰か少し読みがスムースになりました。

ところで、実践アラビア語講座は木曜日のコースと火曜日のコースが今はあります。私は木曜日のコースに参加していまいしたが、宿題がなかなかやり切れず落ちこぼれて火曜日のコースに編入したのです。実践アラビア語講座ではハムザを学ぶ頃に落ちこぼれて行く人が多く、4月、9月の開始時は6名ぐらいから3ヵ月後に3名になり、2名になり、この段階で家賃が支払えなくなりリストラで新宿のポルトリブレからいたばし総合ボランティアセンターに教室が移動します。4月や9月の年度の変わり目などに新規募集しますので、また5,6名の参加者になると、新宿に移動します。そして3ヶ月の後半に学ぶハムザで脱落者が増え、支出が収入を上回り、リストラで板橋に流されるということを繰り返しています。

今回の火曜日クラスの参加者は珍しくハムザの山は越えたようです。
しかし木曜日のクラスの人のように宿題をやってくる人はいません。
その場限りでアラビア語を勉強し、近所で酒を飲んで帰って行きます。
無理をしている感じがしませんので続くのかも知れませんね(笑)。

2009/04/20

【Eating-out】土佐の初カツオ

4/25,26は定額給付金をあてにして高知へわら焼きの初カツオ(明神水産など有名)を食べに行きました。塩、たれ、何でも現地で食べると本当においしいですね。

高知といえば坂本龍馬ですが、坂本龍馬記念館三菱グループスリーダイヤのマークは土佐初代藩主の山内一豊の家紋である山内柏紋を抽象化したもののようです。山内一豊はもともと尾張で織田信長、豊臣秀吉に仕えてから土佐の初代藩主になった人です。この奥さんの千代さん司馬遼太郎の「功名が辻」で有名になったようですが、郡上八幡城主の遠藤氏の娘という説が有力です。郡上八幡城を見学したときに城の中にこのことが書いてあり、今回の高知城にもありました。
最近の思いつきの旅で自分の故郷の歴史を学ぶ機会が増えました、、。

私の中では幕末の人物では坂本龍馬や勝海舟よりは小栗上野介を評価していますが、2010年のNHK大河ドラマは龍馬伝だそうです。なんとなく破天荒で人気があるのでしょうね(笑)。
                         

2009/04/15

【Arabic】3つの否定形、新名詞文、能動分詞、somethingなど[2009年4月14日]

先週は授業料を支払わない人のおかげでリストラになり、今後はいたばし総合ボランティアセンターで開催することになったとご案内しましたが、4月という区切りの季節なため、以前に見学した人や、途中で辞めた人が復帰することになり、皆さんが授業料3か月分を支払っていただいたおかげで新宿のポルトリブレで開催することになりました。これでとりあえず3ヶ月間は新宿で行われることと思います。

またもや、3ヵ月後に、3回分はまとめて払えないとか、1ヶ月づつしか払えないとか、そういう人が出てくると、罪のない私たちは板橋に流されることになりますが、いたばし総合ボランティアセンターへの道は「縁切榎」の横を通りますので、悪縁は自然に切れて行くことになり、良縁が生まれるかも知れません(笑)。

4/14日はテキストP80の読みとP81の文法を学びましたので時間を見つけて具体的に少しづつ解説します。

[3つの否定形]
①ライサ:「否定動詞ライサの後の名詞は対格・目的格(~を)
②マー :
③ラー

[新しいタイプの名詞文]
①名詞文1
②名詞文2
③名詞文2の否定形

[能動分詞]

[Something]

次週4/21日は新宿ポルトリブレでpm8:00から実践アラビア語講座ですが、私は主にP80の訳を行い、P83からの演習に入れればと。この10課で名詞文は終わり、復習を行った後にいよいよ動詞文に入ります。

2009/04/13

【Walking/Trekking】2005年 DRC ラ・ターシュ

笄川の源流の発見により、ホエー豚亭を発見したので、4/11日はランチに食べに行きました。ついでに食事をした人は購入できるそうなので花畑牧場の生キャラメルも購入しました。社長の田中義剛さんは甘いものが好きなのか、豚丼も生キャラメルも砂糖の味が強いです。現在は大変ブームのようで、笄川の源流が行列で埋まっていました(笑)。食後に赤坂見附まで歩きましたが、今回は3月に行きつけの酒屋さんに売らずにキープしていただいていた2005年のDRC ラ・ターシュの購入です。長く迷いましたが、2005年のラ・ターシュを10年セラーで保管し、還暦のお祝いに飲むということで決心しました。今週からはさらに飲み代を節約しなければ(笑)。

2009/04/10

【Walking/Trekking】発見、笄川


毎朝のウォーキングコースは自宅から外苑前、銀杏並木から神宮外苑を一周し戻る1時間のコースですが、そのコースの途中に笄川の跡地を発見しました。以前から西麻布は笄町と呼ばれていたようですが、それが何故かは知りませんでしたが、それが最近分かったのです。

笄川は先週訪れた郡上城主青山さんの菩提寺である梅窓院が源流です。具体的には花畑牧場の「ホエー豚亭」の横が源流になります。そこから「花畑牧場カフェ」に行く細い道が川だったところで、現在は道路になっています。キラー通りを横切りスキーショップジローの裏を通り、西麻布二丁目を抜けて、西麻布四丁目から広尾、天現時から古川(渋谷川)に流れ込む全長3キロの川が笄川でした。今は西麻布四丁目のビストロ通りにあった笄橋があったため笄町と呼ばれていたようです。今朝のウォーキングはこの笄川を源流まで遡ってみました。東京の歴史を散策するのは意外と楽しいものです。
画像は広重の広尾・古川橋です。

2009/04/09

【Arabic】アラビア語パーソナル・トレーニング完了と貧乏神神社[2009年4月8日]

4/8日は八丁堀でパーソナル・トレーニングとしてテキストP117,121,126の読みを行いましたが、第1回よりはマシですが、スムースには読めません。これからは、通常の実践アラビア語講座でも遠慮せずに読みのお願いをしようと思います。

今回のパーソナル・トレーニングは3回で終わりですから、最後ということで、松尾先生と西麻布二丁目の鮨屋に行きました。ワイフも合流し3人で松尾先生が留学していたシリアやパリの話しと、長野県の飯田市にある貧乏神神社のことが話題になりました。というのも、この西麻布もそうですが、今回の不況のために今まで隠れ家のような店だったのにランチをやったり、メニューの価格を値下げしたりと、飲食業も大変な時代です。一般的には売上げの不足分の補填のために昼の時間にランチをやってもあまり繁盛はしません。夜にしか味わえない味を昼に安価に味わっていただこうという姿勢なら別ですが、急なランチでは夜の常連は別にして普通のお客は違和感を感じると思います。普通のお客が新規で増えてこそ繁栄がありますが、常連ばかりになると先細りで、ランチ終了となるだけです。家計の収入が減ると一番最初に外食は節約しますから当然のことなのですが、このように「もがく」のが人の常です。この不況は2011年ごろまで回復することはありません。イノベーションができない場合は、幸田露伴ではありませんが、「もがく」よりは、1日も早く人件費や家賃の値下げ交渉などを行うべきだと思います。
このような不況のときに貧乏神は活き活きと活躍します。まず、自分の周りの「人の良さそうな人」と共存関係を作ります。共存関係であって、共に栄える「共存共栄」の関係ではありません。この共存関係は「弱い心」と「弱い心」が「連帯」することでマイナスのスパイラルを生み、ますます貧乏神が喜ぶ土壌が出来上がります。どうにもならなくなるまで貧乏神は肩の上にでも乗って応援をしてくれます。そして、情により「もがき」、どうにもならなくなったとき、最後に人のリストラを行わざるを得なくなります。イノベーションができなければ、早めにリストラを行い「底まで沈む」。これにはある意味「柔軟な心」が必要になりますが、この「柔軟な心」は「柔軟な心」を持つ人を遠くからでも引き寄せ、プラスのスパイラルを生みますから貧乏神は逃げて行きます。この不況の中で道が分かれることだと思いますが、松尾先生が貧乏神神社のある長野県飯田市のご出身なので、実家に帰ったら貧乏神神社に行くと「すっきり」するのでは、という話しで盛り上がりました。ワイフと二人で名古屋に住んでいるときに貧乏神神社を訪ねたことがありますが、気持ちがすっきりしました。

通常の実践アラビア語講座はリストラで来週からいたばしボランティアセンターになりますので、今後はポルトリブレの近くでお酒を飲むこともなくなり、小遣いが節約できます(笑)。それにしても板橋本町は遠いなぁ、、、トホホ。

2009/04/08

【Arabic】シャクル、シャッダなどの読み[2009年4月7日]

4/7日の実践アラビア語講座はテキストP79[3]シャクルシャッダなどがないアラビア語の読みです。このテキストの文はすべてシャクルやシャッダがありますので、遅くとも読むことができますが、アラビア語の新聞や雑誌はシャクルやシャッダがありません。つまり、振り仮名のない漢字を読むことと同じように、アラビア語の意味や、文法を記憶していなければなりません。松尾先生によるとこれができないとアラビア語を学んだとは言えないとのことですから、今後はシャクル、シャッダなどのない読みができるようになるようにならなければなりません。

この実践アラビア語講座の授業料は3ヶ月前払いが原則になっています。どんな学校でも授業料は前払いで、それで家賃や人件費が賄われ継続できます。授業料を支払わない人がいると経費が収入を上回り、人件費をカットする、家賃の掛からないところへ移動する、などリストラを行うしかありません。
一般的なことですが、お金が支払えなければ、無料のアラブ・イスラム学院に行くとか、支払えるまで休むとか、再び参加する場合は自己責任ですから、パーソナル・トレーニング(有料)で遅れを取り戻すなどが必要です。支払いのプライオリティーの問題なのか、松尾先生への甘えなのか、、、。少し気になり、コメントしましたが、こういうケジメがないと長く続かないのではないかと。

次回4/14日からは経費削減のためポルトリブレから「いたばし総合ボランティアセンター」に移動し、8:00pmからになります。

2009/04/06

【Sakura】刃物会館から郡上八幡、そして青山霊園

4/4日は岐阜県関市にある病院にお見舞いに行きました。関市は刃物の町として有名です。カワハギ釣りシロギスアジなどを釣った後に刺身や干物を作りますが、包丁の切れ味が悪く、さらに腕も悪いために、なかなかうまく行きません。そこで岐阜県刃物会館に立ち寄り包丁を新調しました。包丁は素人なので何がいいのか分かりませんが、この会館では親切にいろいろと教えてくれます。説明によるとプロはミソノ 440シリーズをよく使うらしいのですが、ランクを少し落としてミソノ モリブデン鋼を選びました

桜が綺麗で、ついつい翌日は午前中に郡上八幡を観光をしました。最初に訪れたのは岩崎模型製造株式会社のサンプルビレッジ食品サンプルというものは日本にしかありませんが、そのルーツは郡上八幡出身の岩崎瀧三さんの作った「オムライス」の食品サンプルです。
初めての見学でしたが、合羽橋に売っている食品サンプルも多くはここの商品なのです。

そして、桜の花に誘われるように八幡城に上がりました。20代の頃に一度登った記憶がありますが、今回は車で上がり入城しました。この地は日本の歴史の中で「農民が勝利した唯一の一揆」を起こしたところですが、当時の城主はお家断絶となり、その後に青山幸道さんがこの地を治め、「士農工商」が身分に関係なく参加し、輪になり踊る郡上踊り生まれました。八幡城の最上階には、青山さんの歴史が紹介されていますが、実は東京の青山霊園は、八幡城の城主である青山さんの下屋敷だったのです(※南青山は美濃郡上藩青山家の下屋敷、北青山は丹波篠山藩主青山家の江戸屋敷)。

今朝は青山霊園を通過し、ジムに行きましたが、満開の桜の美しさと八幡城がオーバーラップし、気分が爽快になりました。

ところで、青山家の旗をご存知でしょうか?
青い字で漢字の「山」と書いてあるシンプルなマークが青山家の旗です。
南青山近辺の住民はあまり知らないでしょうが、八幡城の中に立っていました(笑)。

また、最上階には青山家江戸屋敷にあり、暴風で倒れ、中から「日本一」の刻印が出てきた木があります。
                 

2009/04/02

【USA】ハードパスか、ソフトパスか

新聞やTVではアメリカの情報を多く眼にしますが、アラビア語を学んでいると中東の情報も入り、私の場合は仕事柄ヨーロッパの情報も入ってきます。これらの3つの情報から景気の底はいつなのかを考えてみました。「三匹の蛙」でも書きましたが、アメリカの6倍のサブプライムローンの不良債権がヨーロッパにはある(アメリカの不動産価格もまだ下がっている)そうなので、米国の金融が立ち上がったとしても世界的には景気は浮上しないと思います。2009年に米国の金融システムが安定しても、次は、まとまれない、足並みの揃わないヨーロッパから火種が出現する可能性もあります。となると、金融システムの安定からの景気の脱出はFRBのいう2009年でなく1年遅れの2010年になることでしょう。また、実体経済からはGMクライスラーの問題が労働組合の軟化により延命処置が行われ続け、2010年を向かえるのではないでしょうか。クライスラーはフィアット(飛行機も作っている)を頼るしかなく、GMは延命処置からハードランディングのChapter11をいつかどこかで選択せざるを得なくなると思います。

イスラエルは強硬派のネタニヤフが返り咲きましたが、2010年にはイランの核施設工場が完成すると考えています(アメリカは10年後と言っていますが)。もしイスラエルがイランを攻撃したとしたら、今までのようにアメリカはイスラエルを支援することでしょう。GMの工場を活用し武器が作られたり、車や戦車が売れて、「戦争が恐慌を脱出する手段」という過去の歴史のとおりの図式でGMは復活。延命処置は正しかったいうことになります。もし戦争がなければGMの延命処置は正しくなく、象徴企業のChapter11を行うことで景気が底を打ち、そして2010年に脱出できます。

底からの脱出は過去の歴史のとおりハードパス(戦争)なのか、あるいはハードパスのかわりに繁栄へのソフトパスを生み出すイノベーションはあるのか。

2010年が大きな節目になるような気がします。
(予測が外れたらごめんなさい)
        

【Arabic】アラビア語パーソナル・トレーニング2回[2009年4月1日]

3/25日に続き、4/1日は「アラビア語パーソナル・トレーニング」を八丁堀で6:30から2時間行っていただきました。テキストP102,107,112まで「読み」中心のトレーニングです。動詞文に入っていますが、とりあえず文法は飛ばして「読み」に集中しています。

次週もう1回行っていただくようにしました。

2009/04/01

【Arabic】実践アラビア語講座(仮称)[2009年3月31日]

3/31日のアラビア語講座はテキストP79[3]を行いました。松尾先生によると、アラビア語の作文より、シャクルシャッダなどを付ける問題の方が大切とのこと。確かにアラビア語の新聞などもシャクルやシャッダは付いていないので読みこなすにはこのタイプの問題がスラスラできるのが理想なのでしょう。まだ正式ではありませんが、このアラビア語講座の名前を「実践アラビア語講座」と呼ぼうという意見がありました。教室は新宿だったり、板橋だったり、八丁堀(パーソナル・トレーニング)だったりですが、このテキストを利用すると実践的な内容になりますし、「生きたアラビア語を学ぶ」ことが可能になります。

次回は4/7日pm8:00から新宿ポルトリブレで実践アラビア語講座です。