2009/04/08

【Arabic】シャクル、シャッダなどの読み[2009年4月7日]

4/7日の実践アラビア語講座はテキストP79[3]シャクルシャッダなどがないアラビア語の読みです。このテキストの文はすべてシャクルやシャッダがありますので、遅くとも読むことができますが、アラビア語の新聞や雑誌はシャクルやシャッダがありません。つまり、振り仮名のない漢字を読むことと同じように、アラビア語の意味や、文法を記憶していなければなりません。松尾先生によるとこれができないとアラビア語を学んだとは言えないとのことですから、今後はシャクル、シャッダなどのない読みができるようになるようにならなければなりません。

この実践アラビア語講座の授業料は3ヶ月前払いが原則になっています。どんな学校でも授業料は前払いで、それで家賃や人件費が賄われ継続できます。授業料を支払わない人がいると経費が収入を上回り、人件費をカットする、家賃の掛からないところへ移動する、などリストラを行うしかありません。
一般的なことですが、お金が支払えなければ、無料のアラブ・イスラム学院に行くとか、支払えるまで休むとか、再び参加する場合は自己責任ですから、パーソナル・トレーニング(有料)で遅れを取り戻すなどが必要です。支払いのプライオリティーの問題なのか、松尾先生への甘えなのか、、、。少し気になり、コメントしましたが、こういうケジメがないと長く続かないのではないかと。

次回4/14日からは経費削減のためポルトリブレから「いたばし総合ボランティアセンター」に移動し、8:00pmからになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿