2009/04/15

【Arabic】3つの否定形、新名詞文、能動分詞、somethingなど[2009年4月14日]

先週は授業料を支払わない人のおかげでリストラになり、今後はいたばし総合ボランティアセンターで開催することになったとご案内しましたが、4月という区切りの季節なため、以前に見学した人や、途中で辞めた人が復帰することになり、皆さんが授業料3か月分を支払っていただいたおかげで新宿のポルトリブレで開催することになりました。これでとりあえず3ヶ月間は新宿で行われることと思います。

またもや、3ヵ月後に、3回分はまとめて払えないとか、1ヶ月づつしか払えないとか、そういう人が出てくると、罪のない私たちは板橋に流されることになりますが、いたばし総合ボランティアセンターへの道は「縁切榎」の横を通りますので、悪縁は自然に切れて行くことになり、良縁が生まれるかも知れません(笑)。

4/14日はテキストP80の読みとP81の文法を学びましたので時間を見つけて具体的に少しづつ解説します。

[3つの否定形]
①ライサ:「否定動詞ライサの後の名詞は対格・目的格(~を)
②マー :
③ラー

[新しいタイプの名詞文]
①名詞文1
②名詞文2
③名詞文2の否定形

[能動分詞]

[Something]

次週4/21日は新宿ポルトリブレでpm8:00から実践アラビア語講座ですが、私は主にP80の訳を行い、P83からの演習に入れればと。この10課で名詞文は終わり、復習を行った後にいよいよ動詞文に入ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿