2009/07/22

【Arabic】シャクルを付けるからスイスへ[2009年7月21日]

7/21日の実践アラビア語講座は前回に続きテキストP93[4]シャクルを付けて訳すを行いました。まだ馴れていないのでスピードが遅いのですが、電子辞書と先生の力を借りれば何とかなります。次回はP94に移りますが、ここも未完了動詞です。

7/28、8/4日は夏休みで蒸し暑い日本から離れますのでアラビア語はお休みになります。

今回はスイスのアイガー北壁周辺の旅ですが、2年前にはマッターホルン周辺の旅の際に半日だけ訪れたところで、再度の訪問です。アイガーもマッターホルンもスイスを代表する山ですが、何と言ってもこれを観光化するために鉄道網を整備したことがすばらしいことだと思います。スイスの鉄道は旅行者に優しく、荷物は行き先に別便で送ること(ライゼゲベック)ができますし、アイガー北壁などはトンネルが掘られてトップ・オブ・ヨーロッパのユングフラウヨッホまで鉄道(ユングフラウ鉄道)に乗って行けます。設計者のアドルフ・グイヤー・ツェラーさんは完成を待たず亡くなった(1899年)ようですが、ユングフラウ鉄道に乗ると車内のビデオで彼の志を紹介するところからこの鉄道が紹介されます。日本では人が技術を創り上げることを忘れがちですが、スイスでは先人の努力を今でも紹介しています。ちなみに新幹線は鉄道技術者の島秀雄さん作です。

今回はアイガー北壁周辺にも行きますが、スイス中の山々を見渡せるピラトゥス山にも行きます。ピラトゥスとはイエス・キリストの刑を確定したユダヤ総督で、その亡霊がこの山に住み着いたという逸話(16世紀まで登山禁止)からピラトゥス山と名づけられました。
19世紀にエデュアルト・ロヒャー(Eduard Rocher)さんがこのピラトゥス山に登山電車を建設すると述べたときには、人々は彼を狂人扱いしたそうですが、今は一般化してロヒャー式と名づけられ480パーミル(約25度=480/1000,1000m進むと480m上がる)の急勾配でピラトゥス山を電車(YouTube)で登ることができます。ピラトゥス山は2,129mとそれほど高い山ではありませんが、スイスの中心部にあるので360度の視界で、マッターホルン、アイガー、ユングフラウ、モンブランなども天気が良ければ見えるかも知れません。

日本の鉄道も面白いかも知れませんが、鉄道王国スイスは時間は正確(時刻表に見るスイスの鉄道)で、しかも旅行者に優しくどこまでも行ける、という安心感と信頼があります。山の景色はもちろんですが、山のホテルはドイツ系、フランス系などのスイス料理のコースやアラカルト。スイスで定番の白ワイン(スイスワインは輸出せずほとんど自国で消費)もおいしく、トイレも水洗で綺麗です。
もちろんハイジの大好きなラクレットもおいしいですね。

※今のアイガー北壁のライブ映像(1800mの壁)です。
 スイスの朝日や夕日の時間に見ると感動しますよ。
 おじいさん、山が燃えているわ! by ハイジ
                                

2009/07/16

【Eating-out】コハダの新子

昨年、三崎港の鮨屋でコハダの子供のシンコの鮨を食べたことを報告しましたが、昨日、近所の行きつけの鮨屋でコハダのシンコをいただきました。漢字では「新子」と書きますが、一貫の鮨に3匹の新子が乗ったもので大満足。いつも突然と鮨が食べたくなり予約し会社が終るとすぐに直行というパターンですが、この鮨屋には芸能人やら近所の家族連れやらいろいろな人が狭いカウンターに押しかけるよう来店します。食べもの屋の「コアコンピタンス」は味なのでここは不況でもいつも満員です。店の雰囲気が良いとか、サービスが良いとかは「付加価値」です。
ビジネスでも付加価値を重要視しコアコンピタンスを疎かにすると衰退しますが、この近所の鮨屋に行くとコアコンピタンスの重要性を自然に教えてもらえます。
     

2009/07/15

【Arabic】アラビア語電子辞書のお陰で[2009年7月14日]


7/14日の実践アラビア語講座はテキストP93[4]で、シャクルを付けて訳すという問題なのですが、第2フェーズの名詞文でのアラビア語作文と同様に私にとっては時間のかかる問題です。まずは単語から推測することができない点と、動詞の活用により前後に文字が入ると、もともとの3語根が解りにくくなり、困難を極める問題です。動詞の未完了形で紹介したアラビア語電子辞書に、試しにアラビア語を入力し英語に変換してみましたら、見事に英語の意味とシャクルが付いた候補のアラビア語が出てくるではありませんか。

この電子辞書さえあればこの問題は楽勝ということになり、技術の力で第3フェーズの山場であるこのシャクルを付けるという問題を超えることができそうです。語根から引く辞書も必要ですが、

Almawrid English Arabic Electronic Hand Held Dictionary Translator BAS 1875

は便利です。Amazon.comでは389.99$で販売しています。

違うモデルで、

Ectaco English-Arabic Translator EA B-3 Talking Electronic Dictionary & Phrase Book - Ectaco EA B-3

は129.95$で販売しています。
こちらの使い勝手や機能は分かりませんが。

技術の力に感謝!

次回は7/21日です。
            

2009/07/13

【Fishing】はじめてのタチオウ釣り

7/11日は赤坂の区役所までスロージョギング。45分ぐらいかかりましたから4kmぐらいでしょうか。東京都議会選挙の期日前投票を済ませて、帰りはウォーキング。昨年、外苑前の伊藤忠ビルの横に日本オラクルというIT企業のビルが建ち、南青山から夏の神宮外苑花火大会が見えなくなり地元住民は迷惑を蒙っているようですが、そのビルの1Fにはレクサスのシュールームがあります。ちょうどその前を歩いているときに向こうから豊田章男さんがご夫婦(たぶん)で歩いていました。最近トヨタの社長に就任されたばかりですが、シュールームが気になるようでキョロキョロと中を覗き込みながら通過していきました。シュールームの中に突然入って行き、販売員を励ますのかと思っていましたが、そうではなく通り過ぎただけです。大企業の社長になるとそれでいいのかも知れませんが、中小企業ですと本社が休日のときに働いてもらいありがとう。という気持ちを伝える経営者のいる会社が伸びる可能性が高いものです。

7/12日は金沢八景の弁天屋からタチオウ釣りに出航です。タチウオ釣りははじめてですが、東京の釣りの師匠は得意の釣り目です。私の釣りの師匠は20数年前に取引先の営業だった人ですが、昨年20数年ぶりに東京で再開し、相模湾や東京湾の釣りを教えてもらっています。名古屋に住んでいるときは、名古屋の釣りの師匠がいて、彼は渓流でのフライフィッシィングが得意の釣り目で、いろいろと教えてもらいました。天然の長良川の鰻を一緒に食べたのはこの名古屋の釣りの師匠とです。

東京の釣りの師匠は横浜に住み、相模湾、東京湾を自由に行き来し夏はタチウオ、マゴチにと毎週のように船釣りを楽しんでいます。私の釣りの師匠は二人とも、いささか「釣りバカ日誌」のハマちゃんのように仕事より釣りを優先する傾向がありますが、趣味の友人もいいものです。

釣果はタチウオが2匹、鯖がそれぞれ1匹づつ、ワイフはタチウオは坊主でした。なかなかあわせの難しい釣りなので、慣れるまでは釣果はボチボチでしょう。船長さんが気を使ってくれて常連さんから5匹のタチウオをお裾分けしてもらい、刺身、煮付けにしていただきました。柴漁港で買った活えびとマコガレイも刺身と魚ずくしの夕食です。残りは干物にしました。
     
夏休みは蒸し暑い日本をオサラバしてスイスに行く予定ですが、スイスは何度訪れてもすばらしいところで、もし、将来金銭的に余裕があればレマン湖のほとりにでも別荘など欲しいものです。とりあえず、頑張って働くか!

                  

2009/07/08

【Arabic】動詞未完了形の演習[2009年7月7日]

7/7日の実践アラビア語講座はテキストP93[2][3]でしたが、適切な未完了形に直すことは「基本アラビア語入門」のP43の表さえあれば可能です。テキストではしつこいぐらいこのことを繰り返すのだと思いますが、アラビア語の基礎なので何度も繰り返すしかありません。

次回は7/14日です。
    

2009/07/06

【Eating-out】映画剣岳と駒形どぜうと渋谷市場

7/4日は先週の「レスラー」に続き「剣岳」を渋谷で観てきました。剣岳は今はカニのタテバイ(YouTube)ヨコバイ(YouTube)で登るようですから、かなり危険を伴う登山のようです。剣岳そのものは映画にあるように当時日本で地図のない山。最初に登頂したのは行者(山岳修行者)だった訳ですが、測量隊の登頂そのものより案内人の宇治長次郎(香川照之)の黒子姿が良かったです。富山の人は温泉を掘るのが得意とかいわれますが、朴訥で淡々とひとつのことを継続して続ける雪国タイプの男がうまく演じられ、映画では一番輝いていました。そして何より映像が美しい。木村大作監督は元黒沢明監督の映画のカメラマンだったそうですが、あの森林限界を超えた山々の美しさはトレッキングを趣味にするものにはたまらない映像です。黒沢映画のデルスウザーラを思い出してしまいましたが、ストーリーも似ていますね。

その後に渋谷に浅草の駒形どぜうがあることを知り、久しぶりのどぜう鍋をいただきました。浅草のお店のように板の間に座り込んで食べるのでなくテーブルとイスなので雰囲気はいまいちですが、骨抜きどぜうの駒形の味は同じでした。しかし、どぜう汁はなぜあんなに味が濃いのでしょうか。どぜうはお酒でいただくので、酒が終わるとご飯と汁だけになりどろどろの濃い味のみで白いご飯を食べるという意味なのでしょうか。江戸っ子でないのでここらの意味は分かりません。

この季節は梅雨イサキの刺身もおいしいのですが、利尻の蝦夷馬糞雲丹(利尻産がうまいらしい)6/1日から解禁(~8/31)とのことで渋谷市場によってみました。残念ながら外国産の雲丹しかなく、煮つけで食べようとキンキと脂の乗ったトロカツオ(戻りカツオかな?戻り鰹は9,10月が旬)を買い込みました。最近は釣り魚を食べ馴れたためか普通のスーパーで売っている魚が食べれなくなってしまいましたが、渋谷市場の魚屋さんの魚はおいしく食べれます。

来週の土日は晴れならトレッキング、雨なら金沢八景でタチウオ釣に初挑戦を予定しています。  
   
 

2009/07/02

【Eating-out】外苑前のハレム

6/30日の実践アラビア語講座の帰りにタクシーを拾おうと新宿通りを歩いていましたら、トルコ料理の店のトルネードケバブが目にとまり、ムショウに食べたくなりましたが、夜も遅いしカロリーも高そうだからと諦めて自宅に戻りました。翌日の朝食のとき、やっぱりミドルイーストの料理が食べたいということになり、いつも行く六本木のアナトリアでも行こうと考えていたのですが、外苑前にハレムという少し高級なトルコ料理のお店があることを思い出し、すぐに予約して7/1日に無事ケバブを食べることができました。

レストランのあるCIプラザは朝のスロージョギングで前を通ることがあるのですが、久しぶりに中に入りました。最近はTVで観ることもなくなった周富徳さん中華料理店などもあります。それにしても広い店内が満席でハレムは人気のようです。個人的にはアラブ料理の方が好きなのですが、ザクロのドレッシングサラダはおいしかったです。ケバブはダイナミックに炭火で焼いたものがいいのですが、日本でこれはなかなか望めません。香辛料のせいかムショウに食べたくなる、しかも一両日中に、というのがミドルイースト料理の面白さですね。もしかするとこのblogを読んでいる人も1両日中に食べているかも知れません(笑)。     

2009/07/01

【Arabic】動詞派生形[2009年6月30]

6/30日はテキストP93[1][2]を行いました。今回[1]は軽く済ませ、[2]をやりましたが、時間が掛かりますがこれはできそうです。前回の動詞活用法での「基本アラビア語入門」のP150からのⅠ~Ⅹ型までは動詞の派生形のことでした。動詞の派生形は初耳でなくアラブイスラム学院でも少し学びましたし、同じセム語系ヘブライ語にも7つの動詞の派生形があることも知っていました。7つというのがユダヤ的ですが、アラビア語は10です。アラブイスラム学院時代に購入した「ステップアップアラビア語入門」のP124に「切る」をⅠからⅩ型で現すと、

Ⅰ型 切る
Ⅱ型 ずたずたに切る
Ⅲ型 (人との縁を)切る、(言葉を)さえぎる
Ⅳ型 (人に)切らせる
Ⅴ型 分離する、分断する
Ⅵ型 交差する(互いに切る)
Ⅶ型 切断させる、~をやめる
Ⅷ型 切り取る
Ⅸ型 (なし)
Ⅹ型 差し引く

と同じような意味ですが、Ⅰ型の語根から派生したもので構成されます。
アラビア語の語彙(動詞、名詞、形容詞など)の2/3(66%)は派生形から作られたものですから基本のI型が重要ということになります。

アラビア語動詞派生形一覧
   
ちなみに同僚のユダヤ人が日本に来たときにプレゼントされた「はじめてのヘブライ語」によると、「ヘブライ語では、1つの語根からいろいろな活用パターンの異なる動詞が派生しています。そのパターンによって分類したものを態と呼びます。パアル態、ピエル態、ヒフイル態、ヒトパエル態、フフアル態、プアル態、ニフアル態の7つあるそうです。」
    
次回は7/7日です。