2009/12/28

【NPO/NGO】brackNetのエクジット

日本人が関係した海外のプロジェクトはいろいろありますが、民間人が主体で日本政府や地域を巻き込み成功させた例として、3つのプロジェクトに興味があります。
ひとつはインドネシアのアサハンダムプロジェクト。そしてタイの地雷除去プロジェクト。3つめはバングラデッシュのbrackNetプロジェクト。アサハンプロジェクトは戦前からいろいろな国が実現を模索しましたが、最後に日本が行うことになり、その電力によりアルミを精錬するようになりました。このプロジェクトはODAの資金によるもので、支援国でなく日本のアルミ消費に貢献したことが、ODAの目的と合致しないなどと批判もありますが、当時はインドネシアはアルミに興味がなかったことも事実のようです。このプロジェクトは日本工営株式会社の当時の社長 久保豊さんの情熱があったからこそ実現したものです。また、タイの地雷除去プロジェクトもジオ・サーチ株式会社のCEO 冨田洋さんの思いから実現できたものです。そしてバングラデッシュのbrackNetプロジェクトは原丈人さんの熱意と頭脳により実現できたものです。それぞれがプロジェクトですから終わりがあり、現地に引渡しされるのですが、ODAからのアサハンダムプロジェクトは「インドネシアアサハンアルミニウム(INALUM)」にエクジット(Exit)され収益を上げています。タイの地雷除去プロジェクトは「ピースロードオーガニゼーション財団」にエクジットされODAのお金で支援されています。そしてbrackNetプロジェクトはバングラデッシュのNGOであるBRACデフタパートナーズというベンチャーキャピタルとの合弁でしたが、KDDIが8億円出資し経営権がデフタからKDDIに移りました。現地NGOとの合弁で黒字化し、リスクが減った段階で日本の大手企業のグローバル展開につなげる。このモデルは参考になります。
                       

2009/12/25

【Arabic】لِ に人称代名詞(属格・所有格)が付いた形[2009年12月24日]

クリスマスイブには関係なく、12/24日の実践アラビア語講座はテキストP101の[3][4]の演習を行いました。[3]は少し前回のやり残しがありましたが、自分へのクリスマスプレゼントとして飛ばし[4]のアラビア語の作文に移りました。「アラビア語入門」のP107にある、

「لِ に人称代名詞(属格・所有格)が付いた形」

の لَهُ (ラフ)「彼は所有している」を学びました。

その他、

لِي      :(リー)私は所有している。

لَكَ       :(ラカ/ラキ)あなたは所有している。

لَهُ        :(ラフ)彼、それ(男性名詞)は所有している。

لَهَا       :(ラハー)彼女、それ(女性名詞)は所有している。

لَنَ       :(ラナー)私たちは所有している。

لَكُمْ      :(ラクム)あなたたちは所有している。

لَهُمْ      :(ラフム)彼らは所有している。

※ لِ は لِي を除いて、人称代名詞が来ると لَ に変わる。

次回は新年の2010年1月7日です。
        

2009/12/18

【Arabic】馴れてきたシャクル付け[2009年12月17日]

12/17日はテキストP101[3]の苦手なシャクルを付けての発音と訳です。このテキストのP244からの用語集のお陰でシャクルを付ける問題が確実にこなせるようになりました。アラビア語の単語の発音と意味を覚えていれば問題ないのですが、用語集のような簡便な辞書が必要ということになります。不思議なものですが、慣れて来ると苦手意識が薄れて来ます。

引越しも終わり、新コースでのスロージョギングも毎朝のペースになり、加圧から変更した筋トレも馴れてきて、いつもの生活のペースに戻ってきました。今朝はたくさんのコガラを見ましたが、人懐こいのでかわいいですね。

ところで、現在の仕事の関係で新しいネットワークでのコミュニケーション手段のいくつかに参加しています。FacebookMySpaceLinledIn、そしてTwitterも最近はじめました。距離感がどんどん縮まる感覚はインタネットならではですが、逆に目的などを共有する場合などは、フェース トゥ フェースの人間的なお付き合いがより重要になるのでしょう。新聞などのマスコミはTwitterを真似しても有名な個人には負けますから、フェース トゥ フェースからのより本質的な情報を獲得する手段を持つ必要があります。
経営的には人件費増大で無理があるかも。生活が成り立つなら情報分析、収集能力の強い個人が活躍する時代になるのでしょうか、、。

次回は24日(クリスマスイブ)が実践アラビア語講座です。
              

2009/12/11

【Arabic】シリアの人が先生に[2009年12月10日]

12/10日の実践アラビア語講座は、松尾先生の知り合いでシリア出身で舞台演劇女優の方が、会話を主体に授業を行ってくれました。自分の名前を書いたり、意味を説明したり、なぜアラビア語を学ぶのかを話したりと、今までにないアラビア語の授業でした。たまにはこういうやり方もいいもので、時間が過ぎるのが早く感じました。実践アラビア語講座の木曜日のクラスの人はそれぞれアラビア語を学ぶ目的は違いますが、言葉を学ぶことが得意な人が多いので、相変わらず劣等感を感じていますが、これもいい刺激でしょう。

帰宅後、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞の演説を聞きました。アメリカ国内では受賞の意義を疑う人が多いようですが、問題はこれからで、もし、イスラエルが単独で動き石油が上がるようなことになると、何らかの代償を捧げざるを得ないと思います。それがアメリカが支援した形でのパレスチナ国家樹立であれば、このノーベル平和賞も意義もあるのではないかと勘ぐってしまうような演説でした。

オバマさんの選挙前の演説が思い出されます。
           
 

2009/12/09

【Eating-out】神楽坂のモロッコ料理店 アガディール

TVでタジン料理のお店として神楽坂のモロッコ料理店 アガディールが紹介されていたのを思い出し、昨日の夕食で訪問してみました。「羊肉のタジン」がメインのBコースと、「牛肉と野菜のクスクス」のCコースを頂きました。モロッコの現地で食べたことがないので、本格的なモロッコ料理の味を知らないですが、想像どおりの味でした。この頃は140文字以内のTwitterのように短いblogですね(笑)。
                 

2009/12/07

【Iran】引越し完了

先週末で新居に引越しが完了し、新しい住居で過ごしました。新居は窓が広く、太陽の光で部屋の中が暖かかいので、冬でも半袖で過ごせる日もあります。また、ベランダも広く、休日はゆっくりくつろげそうです。
これからのさらなる不況にもリラックスして立ち向かうことができるかも。
日曜日は近所の清水湯という銭湯で引越しのホコリを落としましたが、東京の銭湯にしてはお湯が熱くなく、ゆっくり長く入れる風呂でした。
              

【Arabic】励ましのコメント[2009年12月3日]

12/3日の実践アラビア語講座はテキストP100の演習[1][2]まで行いましたが、次週は苦手な「シャクルをつける問題」に入ります。このblogはGoogleのBloggerを利用していますが、励ましのコメントを頂きました。日本のAmebaとかYahoo Blogでは日本人が読者の大半でしょうが、Bloggerはいろいろな国で利用されているので、たまにこういうコメントもあります。

次週の実践アラビア語講座は12/10です。