2010/04/23

【Arabic】カーナ動詞と電子出版プロジェクト[2010年4月22日]

4/22日の実践アラビア語講座はテキストP110[2]

كَانَ (カーナ)の未完了/完了活用

でした。カーナは不規則動詞のくぼみ動詞と同じ活用ですが、通常の動詞と違い英語の「be動詞」の意味を持ちます。
カーナ動詞についてはナツメ社の「はじめてのアラビア語」P130にbe動詞的使い方、P134に助動詞的使い方、P150に完了形、P151に未完了形の活用がまとめてあります。今回はこの本を改めて読み込んでしまい、演習問題は進みませんでしたが、まとまっていて分かりやすい本だと感心しました。CDも付いていますので、もう少しこの本で復習をしてみることにしました。
次回の実践アラビア語講座は5/6日になります。

さて、電子出版プロジェクトですが、無事4/20日に「フランス語の手紙」ができたので出版社に送ります。古い出版物で、出版社が現存して著者まで届くかは不安ですが、まずはやってみることになりました。おかげで「筋の通ったプロジェクト」としてこのプロジェクトが進められそうです。
松尾先生、ありがとうございました。
             

2010/04/16

【Arabic】第15課[1]と中東関係博物館・図書館[2010年4月15日]

4/15日の実践アラビア語講座はテキストP110のQ&Aの演習[1]でした。このペースだとテキストを完了するのは1,2年後になりそうです。

ところで、実践アラビア語講座の勉強仲間だった新聞記者の方からFacebookでアラビア語とヘブライ語を同時に東エルサレムで勉強していると連絡がありました。最近は紙の新聞が売れず、ビジネスモデルの変換に会社経営はさらされていますが、ジャーナリスト魂は変わるものはないようです。Facebookは海外の人がよく使うコミュニケーションツール(SNS)ですが、アラビア語の勉強仲間もこれを使う人が増えて来ました。ご興味のある方は登録してみてください。

さて、電子出版プロジェクトですが、4/4日までにできるはずの「フランス語の手紙」がなかなかできず4/20日が最終期限となりました。英語の手紙を書けばいいのではという意見もありますが、一番、簡単な方法はフランスにいるビジネスの交渉経験のある信用できるフランス人に、事情を説明し直接コンタクトをしてもらうことです。これがビジネスならば最初からそうします。おそらく1,2週間で返事が来て、交渉後に契約し、フランス語に訳すプロと、DTPを行う人と話し合い、ある程度のダウンペイメントをすれば、すばやくプロジェクトは完了するでしょう。

自分が日本語の学び方の本の著者で、フランスで出版したいからと手紙をもらったときにそれが英語なのと、日本語で丁寧にフランスの日本語教育の事情と、置かれた状況を説明されているものを比較するとどう感じるでしょう。英語より日本語の手紙の方が心象はいいものですし、誠意も伝わりやすいと思います(かと言ってうまく行くとは限りませんが)。

4/20日を超えた場合は、別の方法で電子出版プロジェクトを進めることになると思いますが、できれば間に合って欲しいものです。

アラビア語のテキストに「中東関係博物館・図書館」の一覧メモがありましたので備忘録としてまとめておきます。

・中近東文化センター
 〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-31
 Tel 0422-32-7111
 http://www.meccj.or.jp/Pages/main_frame.html

・古代オリエント博物館
 東京都豊島区池袋3-1-4 文化会館7階
 Tel 03-3989-3491
 http://www.sa.il24.net/~aom/

・アジア経済研究所図書館
 京葉線 JR海浜幕張駅 徒歩10分
 http://www.ide.go.jp/Japanese/Library/

・アジア・アフリカ図書館
 〒181-0014 東京都三鷹市新川5-14-16
 Tel 0422-44-4640
 http://www.aali.ac.jp/aa-lib/index.html


次回の実践アラビア語講座は4/22日です。

また、実践アラビア語講座のWebサイトが2009年5月17日に立ち上がりましたので、1周年を記念し5/19日に簡単な食事会を開催するそうです。途中で辞められた方も久しぶりなので、ぜひご参加ください。
                        

2010/04/14

【Book】小栗上野介の口癖

 木村直巳の天涯の武士―幕臣小栗上野介という漫画を読んで、非常に面白かったので、記録に残しておきたく感想文をblogに載せます。私が小栗上野介に興味を持ったのは、高校時代に柴田錬三郎のエッセイ(生きざま)で、勝海舟と小栗上野介を比べ、勝海舟は明治まで生き残り自己宣伝書(氷川清話海舟座談)をせっせと書き上げたのに、小栗は最後まで幕臣として筋を通したとあり、そんな人もいるんだと思った程度でした。なぜなら、歴史の教科書に小栗上野介は出てこないから彼の名前すら知らなかったのです。勝てば官軍ということなのでしょうが、小栗のことを知れば知るほど、その先見性に驚かされます。現在の日本の製造業がグローバル競争に関われるベースになった横須賀造船所の建設、横須賀造船所の建設以前に勝海舟と共に渡米しワシントン海軍工廠で「ネジ」を拾い持ち帰っているのです。おそらくマイナスのネジだと思いますが、ネジや金型、鋳造技術は製造業のベーステクノロジーとなります。ちなみに本田宗一郎さんがプラスのネジをイタリア視察で持ち帰ったことで、ネジを締める工程が自動化ができ、日本の製造業の生産性が一気にアップしたと、藤沢武夫さんは語っています(経営に終りはない)。

 その他、小栗上野介は現在の日本の基礎になる多くの計画(反射炉・造船所・火薬製造所・大砲製作所などの建設、後の連合艦隊に通じる主要6港湾に六備連合艦隊構想、洋式軍制、外国馬の導入、鉱山開発、商社や商工会議所、外国語・造船の学校設立、新聞発行、電信事業、横浜~江戸間の鉄道、ガス灯、郵便局、株式簿記、休日・昇進・昇給などの近代雇用体制の構築、酒類等への課税などなど)を用意していました。それは後に明治政府により実行されますが、発想は小栗のものです。

 小栗の性格を表す口癖は、

父母が大病で望みがなくても、もしや治るかと医薬の手当を止めないのが子の心情だ

と、幕臣としての「生きざま」を貫き通した人です。

 今年のNHKドラマは龍馬伝。勝海舟も出演しますが、小栗上野介は出演するでしょうか。
 小栗は日本国の幕臣として筋の通った「生きざま」であったからこそ、勝は自分の立場を「徳川」と「外へ」模索せざるを得なかった(スンナ派シーア派)。
 
 もう一度、日本の未来を見据えた「新時代の横須賀造船所」のようなものを、どこかに作るべきです。

 今年は群馬県高崎市の小栗上野介の墓のある東善寺に訪れるつもりです。
                

2010/04/12

【Movie】映画 「アイガー北壁」 を観た

4/11日は久しぶりに映画館で映画を観ました。ブームの3D映画なども観に行こうかと思ったことがありましたが、手段で客を引き寄せる話題には魅力がありません。今回の「アイガー北壁」という映画は実話をベースにした映画です。当時のヨーロッパでドイツ人が如何に優秀かを「アイガー北壁登攀」で示そうとしたナチスドイツの政治的な意図もあったと思いますが、多くの人が挑戦し、そして失敗をしました。日本でも新田次郎の「アイガー北壁」という実話短編は有名です。アイガー北壁は多くのクライマーの命を飲み込んで来ましたが、その理由は天候の変化のスピードが大きく影響していると思います。2009年の夏休みの最終日のグリンデルワルトは雨、雨が止んだらアイガーは雪景色。朝晴れていると思ったら昼には雲が北壁に浮かんでいます。また、雪すら積もらぬ垂直の壁。エベレストなどの登山と違いクライミングの技術を要する垂直壁です。
ここ数年、アイガー北壁が頭からなかなか離れないのですが、アイガー北壁との関わりを整理してみました。

①2007年の夏休みユングフラウ鉄道クライネ・シャイデック駅からアイガー北壁を眺めて感動。この旅はマッターフォルン周辺のトレッキングが目的で、ついでにユングフランヨッホに行った。

②2009年に再びアイガーへ

③クライネ・シャイデックのホテルベルビュー・デ・ザルブを拠点とするが、このホテルは「映画、アイガー北壁」の舞台でもあり、アイガー北壁に登攀する人の関係者が宿泊する伝統ある山岳ホテル。

④帰国後、初登攀したハラーさんの「白い蜘蛛」を読み、映画「セブンイヤーズチベット」を観る

⑤日本人第2初登攀をしたモンベル辰野会長の講演を聞く。

⑥ハラーさんが家庭教師だったダライ・ラマの講演を聞く。

⑦そして、今回はハラーさんの前に挑戦したドイツのアンドレアス・ヒンターシュトイサーとトニー・クルツと、オーストリアのエディー・ライナーとヴィリー・アンゲラーが挑む「アイガー北壁」を観る。

と、かなり「アイガー北壁」には入れ込んでいます。
今回の映画にもありますが、

「少しの判断ミスが最後まで影響する」

ということを肝に命じて、「アラビア語のアイガー北壁」を登攀したい。
そして、電子書籍プロジェクトを進めれれば幸いです。
                 

2010/04/09

【Arabic】第15課の接続詞とくぼみ動詞と電子出版プロジェクト[2010年4月8日]

4/8日の実践アラビア語講座はテキストP108,109の接続詞の後は主格が目的格になることと、くぼみ動詞を学びました。まずは接続詞の話しから、、とここまで書いてきて「アラビア語 接続詞 目的格」と検索したら自分のこのblogですでに解説してありました。

接続詞の用法」接続詞 لَكِبَّ :ラキンナ、しかし(But)の用法

blogに書き留めておくことは重要だと再視認しました。

動詞の完了と未完了の活用が不規則な不規則動詞とは

 ①2重動詞
 ②第1語根が「 و 」の動詞
 ③ハムザ動詞
 ④くぼみ動詞
 ⑤弱動詞

だけあり、2/28日には②を学びましたが、今回は④のくぼみ動詞を学びました。「基本アラビア語入門」のP77に詳しい解説があります。

くぼみ動詞とは3つあり、

(1)第2語根が「 و 」のくぼみ動詞 
 完了形の活用例:基本アラビア語入門の活用表P150の4番
 未完了の活用例:基本アラビア語入門の活用表P152の4番

(2)第2語根が「 و 」のくぼみ動詞で活用が(1)と違う
 完了形の活用例:基本アラビア語入門の活用表P150の5番
 未完了の活用例:基本アラビア語入門の活用表P152の5番 

(3)第2語根が「 ي 」のくぼみ動詞
 完了形の活用例:基本アラビア語入門の活用表P150の6番
 未完了の活用例:基本アラビア語入門の活用表P152の6番

不規則動詞の活用は慣れるしかなさそうです。

今週の電子出版プロジェクトは、4/4日までできる予定だった出版社へのフランス語の手紙がまだできてきません。松尾先生はフランス語の手紙の書き方の本を買っていましたので、壮大な長期プロジェクトになりそうです(笑)。

ところで、新刊のアラビア語の入門者「はじめてのアラビア語」(ナツメ社)を手にしましたが、今までのアラビア語入門書よりは随分良い本だと思いました。日本ではアラビア語の入門書というと本田孝一さんの「アラビア語の入門」ですが、この本は話しがあちこちに飛ぶのでまとまりがなく、あまりいい入門書ではありません。先のナツメ社の本はそれよりは分かりやすいのですが、演習門題がないのでアラビア語を実践的に身につけれる入門書ではありません。私は今までの復習のために1冊購入しましたが、、。

私はナツメ社のライバル会社である技術評論社でいつもITの書籍を出版していたので、ナツメ社の本よりは分かりやすい、実践的なアラビア語の電子書籍を出版したいと思うのも、因果なものだと感じた次第です。
      
次回は4/15日になります。
      
 

2010/04/05

【Arabic】第15課(後半)と電子出版プロジェクト進捗[2010年4月1日]

4/1日の実践アラビア語講座は第15課後半(テキストP107)の読みと訳でした。電子出版プロジェクトも松尾さんの原稿待ちです。

ところで、アラブ・イスラム学院でアラビア語の勉強仲間だったTさんがカタール大使館を退職され、地方のアメリカ領事館に転職されました。大使館とか領事館勤務というのはどういう仕事かは体験がないので分かりませんが、目的が利益追求などのように数値化できるような明確なものでないので、組織というより上司などに影響されやすい仕事なのかも知れません。領事館での成功を祈っています。