2011/10/27

【Eating-out】広尾のフレンチレストラン「ア・ニュ」

10/26日はワイフの誕生日なので、広尾のア・ニュというフレンチレストラン に行きました。ここの下野シェフはワイフのフレンチの師匠で、おいしいと評判のシェフです。後で経歴を知りましたが、西麻布三丁目のル・ブルギニオンにも勤めていたようです。西麻布、広尾近辺は知人のシェフの知人は知人、というように狭いですね。

フレンチのレストランはとにかくワインが高くつくので、なかなか行く機会がありません。どうせ行くならおいしい店をと思いますが、ここはワイフお勧めということで、味は安心、価格は不安という感じの店でした。

メニューは下野シェフに適当に好きなものをお話しし、ひらめきで料理してくれと頼みました。             

アヴァン・アミューズ
洋ナシのシャンパーニュ・カクテル
鶉の温泉卵とじゃがいものアミューズ、これは傑作です。
ボランジェ R.D 1997 ピノノワール65%とシャルドネ35%、ボランジェの超プレステージ・シャンパーニュ。 アドヴォケイト誌/Antonio Galloni氏評価(2008.12):95点 今頃から2015年頃までが飲み頃らしい。
何だか忘れましたが、中にキャビアがたっぷり絡まった味。
アワビが中に隠されている。
サワラ生の表面を少し焼いてある。タピオカも転がっている・・
マッタケのフリット。タルタルソースはマツタケの香りを消すので不要。
フォアグラ&トリュフ乗せキノコのリゾット フォアグラの上のカツオ節状のトリュフと泡に包まれているベーコンの香り。キノコ(マッシュルーム)のソースの旨みに絡む噛み応えのあるスペルト小麦。それぞれが自己主張の強い素材だけど決してケンカはせず美味しい。             
シャンボール・ミュジニー 1erCru LES CHARMES1994 ドメーヌ・デ・シェゾー(ポンソ) エレガントで果実味が溢れんばかり。
ジビエのキジと栗のヴルーテ。
アマダイのキノコスープ仕立て アマダイの皮がパリッパリなのに身はしっとり。キノコのスープは薄味でお出汁の香りぷんぷん。なのにアマダイの身の甘さを決して壊さない。アマダイは鱗がおいしい。
本日のジビエ、はじめて食べるライチョウ 肉とそれに包まれたレバーはクセのある味と香り。付け合わせの白菜が旨い。
フロマージュ 愛宕のフェルミエさんから仕入れたチーズ。最近は仕入れ先がフェルミエかどうか分かるようになった(笑)。
甘さ控えめ梨のシャーベットと、これは何だか忘れましたが、もうお腹が一杯。
山になってないモンブラン。
ル・ブルギニオンに似ている。
誕生日用フルーツ盛り合わせ。







一皿一皿が素材を活かした料理でおいしい。
それにしても料理は難しいと思います。
一杯の味噌汁でも最初の一口より、飲み終わった後で振り返る印象がおいしさを決めます。

今回の料理コースは下野シェフのひらめきで作られていますが、音楽でいうLPアルバム(古い)のように、表面のはじめから裏面の最後までのバランスはあまり意識されていないかも知れません。

これが全体を通して意外性を織り交ぜたひとつの主張に貫かれたらすごいコース料理になるのでしょうね。ル・ブルギニオンもどちらかというとアラカルトが得意なので、そういう意味では共通しています。

それにしてもこういう料理は年に何回も食べれないので、次は来年か(笑)。

ワインはもちろん、こういうコクのあるシャンパーニュもはじめてなので、おいしくいただきました。                                        

2011/10/05

【Walking/Trekking】尾瀬の草紅葉と秋の味覚

10/1,2は尾尾瀬ヶ原の草もみじを観賞に尾瀬に行って来ました。朝5時に自宅を出て鳩待峠を9時に出発。尾瀬は2008年に尾瀬ヶ原と尾瀬沼2010年に至仏山と3回目の訪問です。
写真は至仏山を尾瀬ヶ原から眺めたものですが、紅葉が始まっており、あと1週間もすれば尾瀬ヶ原の周辺の山々は紅葉真っ盛りでしょう。

今回は東電小屋までの往復コースで、至仏山の反対側の福島県側には燧ヶ岳(ひうちがたけ)がそびえます。
東電小屋が見えてきたあたりにツキノワグマが多いのか、歩道に探知カメラが仕掛けてありました。
2時間半で東電小屋に到着し、カレーライスとおやき、少し寒かったですが、生ビールもいただきました。
尾瀬ヶ原を帰る途中に群馬県警のヘリコプター「はるな」が救助活動をはじめました。どうやら女性が足を骨折したらしい。歩道を踏み外したのでしょうか。坂道ではありませんが、一歩間違うとこういうこともあります。ちなみに今回は鳩待峠から尾瀬ヶ原に抜けるくだりの濡れた木道で、2回も足を滑らせて右手を強打しました。金曜日の夜にトラブル対応で帰宅が遅く、睡眠をたっぷりとれなかったからかも知れません。
午後3時には鳩待峠に着き、いつもの炉端で岩魚の塩焼きと熱燗とおしんこで一杯。肌寒いので、心地よい疲れに日本酒が五臓六腑に染み渡ります。
朝取れたトウモロコシを薦められたので醤油を付けてもらいましたが、醤油からい群馬の味。いつもの宿屋のふきあげで温泉と山菜の夕食を堪能しました。翌朝は野菜本来の味がする尾瀬の野菜を朝市に立ち寄り、キュウリ、ナス、トマト、白菜、キャベツ、トウモロコシなど購入。
キノコ専門の朝市があったので、天然の舞茸(写真ピンボケ)を2,000で買い、自然薯も1,000円で買いました。この季節は山の野趣溢れる味覚が楽しめます。
ついでに、思いつきで富岡の群馬サファリパークへ。巨大なツキノワグマ、はじめて見たオオカミ、立ってばかりで疲れたのか、お休みしているミーアキャット(笑)、そして生肉を食べるライオンを真近で見学(写真をClickし目を見てやってください)。
夕食は尾瀬の野菜と舞茸ご飯に、おじさんに教えてもらったレシピで、自然薯の髭を焼き、すり鉢ですり、ひと口大にちぎりワサビ醤油でいただきましたが、酒のつまみに最高です。

次回、尾瀬に行くことがあったら、朝はゆっくり出発し、温泉のある元湯山荘で一泊し、尾瀬沼、三平峠を抜け、大清水というコースが良いのではないかと思っています。