2013/07/20

【England】ロンドンとアン・ブーリン

 7月16,17,18日と、ヤボ用でロンドンに行きました。
 ロンドンはオリンピックの前の2009年にスイスのルツェルンにトレッキングに行く折にロンドン経由で1泊しただけなのですが、今回は2泊4日。
 ホテルがタワーブリッジの近くだったので、ホテルに到着するとすぐに散歩に出かけ、テムズ川のタワーブリッジの写真を撮りました。
 対岸で工事をしているホテルは、以前に泊まったホテルで建て替え中です。その時はオリンピック前で改修工事のためタワーブリッジには工事テントがところどころ掛かっていたのですが、今回きれいに改修され全体を見ることができました。
 テムズ川の川辺を散歩すると、川風が心地よく、「ポンドが高い、料理が○○い、雨が多い」という印象を拭い去ってくれます。

 翌日は、お決まりの観光スポットを目指そうと、タワーブリッジからロンドンブリッジ、ビックベンに行こうと歩きだしましたが、一向にビックベンの時計が見えて来ません。
 途中住宅街で大好きな紫陽花を発見しました。住宅街を抜けテムズ川沿いに戻り、遠くにビジネス街が見えます。テムズ川沿いに向いたマンションは全てべランダがあり、ビタミンDを補給するため水着で日光浴をする人などがいましたが、川辺は人がほとんどいない閑静な風景です。
 しかし、写真にあるようにビックベンはどこにも見当たりません。
 ここではじめて逆方向であることに気が付き、コースを戻りましたが、すでに30分以上歩いていたので、ビックベンまでの道のりが長いこと長いこと(笑)
 気温は33℃から34℃だったので、暑い暑いロンドンです。写真はウエストミンスター宮殿ウェストミンスター寺院。教会はその街のシンボル的な存在なので、たいてい入館するのですが、この寺院はイングランド国教会であり、聖ペテロ修道教会とのことで、ややこしそうだったので入館はしませんでした。
お次のバッキンガム宮殿を目指して歩いていたら、王室一家のお出ましです(笑)。
 こんなこと日本でやったら不敬罪で捕まってしまうのでしょうか?ロイヤルベイビーも間近なので、学生のユーモアなのでしょうか。。
 このロイヤルファミリーは笑いながらよく動くので、なかなか全員がこちらを向いた写真が撮れず、何枚も写真を撮った中での1枚です。
 バッキンガム宮殿前には各TV局のテントが並んでいます。ロイヤルベイビーが生まれたときにアナウンサーのバックにバッキンガム宮殿を写したいのでしょう。
 かなり小さいですが、キットカットチョコレートのTVコマーシャル(大昔のCM)に出演していた赤い制服の二人の衛兵が、34℃の炎天下警備をしている姿が見えるでしょうか?二人を写さないと失礼かと、かなり横からのアングルで写したものです。

 その日は逆方向に行ったため炎天下で5時間のウォーキングをしてしまいました。先週、尾瀬で足の筋肉を鍛えてあったので、たいした疲れでないのですが、靴が普通のシューズなので足の裏が痛く辛かったです。
 最終日の午前中にロンドン塔を訪れました。ここも前回はオリンピックに向けての改修工事中で、入館できなかったところです。

ロンドン塔の中世の位置付けは、

『このタワーは、ロンドンを守り、あるいはロンドンを支配する城砦である。議会を開き、協定を結ぶ王宮である。最も危険な犯罪者を監禁する牢獄である。この時代に全イングランドの硬貨を鋳造する唯一の造幣所である。戦争に備えるための兵器庫である。装飾品と王室の宝石を納める財宝保管庫である。ウェストミンスターの国王の法院の大部分の記録文書を保管する公文書館である。』



 私の中でのイギリスの歴史は、DVDで「チューダーズ」「エリザベス」を観た知識ぐらいしかありませんが、ヘンリー8世は梅毒だったと、日本医薬品情報のサイト(梅毒で無くなったヘンリー8世の妻達について)に紹介されています。
 女性関係も華やかで、ロンドン塔に展示されていたヘンリー8世の鎧は拡大すると分かるように下半身を大切に守ってあり、笑ってしまいました。

 ヘンリー8世の女性関係の中で最もイギリスの歴史に影響を与えた妻(愛人)はフランス人のアン・ブーリンです。彼女はこのロンドン塔のタワーグリーンで処刑されました。その場所にこの座布団のようなモニュメントがあり、処刑された人たちの名前が書かれています。正面がアン・ブーリン、5番目の妻のキャサリン・ハワードの名もあります。
 プロテスタントのアン・ブーリンとの結婚を反対したカトリックのトマス・モアもここで処刑されています。ウォッカをベースにした赤いカクテルのブラディー・マリーの名称はヘンリー8世の最初の妻で敬虔なカトリック信者キャサリンの子供であるメアリーが王位を継承し、プロテスタントの粛清(凄惨な)を行ったことから名付けられたものです。
 そして、次の王となったアン・ブーリンの子供エリザベス1世は、イングランド国教会をローマ教皇(カトリックの総本山)から独立させたのです。

 その後のピューリタン革命メイフラワー号によるアメリカ大陸への旅立ちへと流れは続きますが、

「最初の起点は、アン・ブーリン」

なのではないでしょうか。

2013/07/14

【Walking/Trekking】大清水から尾瀬沼へ

7月12日、13日と大清水から三平峠を越えて尾瀬沼往復のトレッキングを楽しみました。尾瀬は2011年10月以来ですが、今回は鳩待峠から入るコースでなく、大清水からの峠越えの健脚コースを選びました。

大清水から長い砂利道から山道に入ると、すぐに渓流の横を通ります。この渓流の音と、木陰の涼しい風は東京の寝苦しい夜を忘れさせてくれます。

2時間半ほど整備された(急な)階段が連なる山道を歩くと、標高1762mの三平峠に到着。
登り道はこれで終わり、尾瀬沼に向かって下ると、道を横切る小川で岩魚(イワナ)の子供を発見。
目的地の尾瀬沼ビジターセンターに到着。遠くに見えるのは燧(ひうち)ケ岳。尾瀬の山は至仏山には登ったことがありますが、燧ケ岳には挑戦していません。おそらく2泊ぐらいの予定を立てないと難しいでしょう。
特にダルマ弁当が食べたい訳ではありませんが、毎年、食べた後の弁当箱を貯金箱にしているので、わざわざ途中高崎駅に車で立ち寄り購入しました。
尾瀬沼周辺は7月から見頃になるニッコウキスゲが咲き始めていました。これから7月一杯は黄色の花が尾瀬を覆い、秋には芝もみじが紅葉します。

「夏の思い出」

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬(おぜ) 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径(こみち)
水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり
石楠花(しゃくなげ)色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬 野の旅よ
花のなかに そよそよと
ゆれゆれる 浮き島よ
水芭蕉の花が 匂っている
夢みて匂っている水のほとり
まなこつぶれば なつかしい
はるかな尾瀬 遠い空

この詩は誤りで、夏はニッコウキスゲ。水芭蕉は5月下旬~6月下旬までです。

帰り道で見つけたクワガタのメス。自然に歩いているを見るのは久しぶりです。
全6時間の行程を終え、尾瀬の常宿「ふきあげ」に到着し、さっそく温泉でストレッチ。
戸倉温泉はヌルヌルの美人の湯系のお湯が気持ち良く、春に摘んだいろいろな山菜も楽しめます(写真の右側はほとんどが山菜)。
疲れた身体も温泉でほぐれ、涼しい空気とおいしい山菜、言うことがありません。
その他、群馬ではお決まりの舞茸の天ぷら、ナスのグラタンなどもおいしい。
翌日はゆっくり起きて、近くの日光白根山のロープーウェイに登りました。
小雨の中足湯に入りましたが、気温15℃で寒いくらいです。
ロープーウェイ山頂駅から日光白根山の頂上まで2時間半、帰りが2時間と往復5時間弱の登山コースもあります。

燧ケ岳

と、今回のトレッキングで2つのコースを見つけ、さらに川辺で渓流の音を聞きながら泊まれそうな白根温泉の「加羅倉館」という宿も見つけました。

2013/07/02

【Eating-out】墓参りと小浜

6月29、30日とお盆を前にして故郷へ墓参りに行って来ました。毎回家族で小旅行を兼ねているのですが、2010年は下呂温泉2011年は富山の金太郎温泉2012年は金沢、そして今年は若狭を選びました(写真は小浜市から若狭湾に沈む夕日を写したもの)。
いつものように、墓掃除と墓参りを済ませ、昼食で長良川の若鮎の塩焼きと鰻をいただきました。今年は長良川の天然鰻は獲れなかったため、残念ながら三河産でした。
通常、鮎の踊り串は口から刺すようですが、「さくら」では鯵のように左目から刺してありました。それでも魚の脂が目から流れ焦げていないので、焼きを右側から行うのでしょうか。

 午後は小浜に移動し、温泉付きのトラフグの宿で、若狭湾の夏の養殖トラフグ三昧(若狭湾は穏やかな海なのでトラフグの養殖が盛ん)。小浜市は福井名物の浜焼き鯖小鯛の笹漬け発祥の地なので、土産に購入。
 
 翌日は、井伊直弼藩主だった彦根城に移動。ひこにゃんでも見ようと思いましたが、車椅子では移動が無理で入場できず、楽々園を見学。


 鮒鮨がメニューにある店を探して、はじめての鮒鮨。少し醤油をつけるとさらに美味しく、酸味も食べ慣れると癖になる味です。

 この2日間で食べた魚は、

 鰻、若鮎(昼食)
 トラフグ、若狭湾の地魚(夕食)
 鮒鮨(昼食)
 浜焼き鯖(夕食)

 満足、満足。