2014/05/18

【Walking/Trekking】明治神宮と筑波山、第2次プリミティブな日本の自然

 5月17日は天気も良く、都内の新緑も綺麗だったので、渋谷で買い物帰り、明治神宮に立ち寄ってみました。
それにしても、明治神宮前の楠の新緑は圧巻です。屋根の向こうに新宿のドコモの塔があるのも面白い構図ですね。ついでに、菖蒲の花はまだでしたが、500円を払い御苑に入ってみました。
 清正井(加藤清正の掘ったと伝えられる井戸)。
近くによると、確かに水が湧きでています。
近所の紫陽花(もうすぐ紫陽花の季節)。

 都内で新緑を楽しみ、日曜(18日)は麻布十番の竹の湯(黒湯温泉)でも行こうかと思いましたが、近所の江戸っ子が46℃のお湯でも「ぬるい」とリクエストし、店主が「さらに沸かす」のでゆっくり入ることができないことを思い出し、行くのを辞めました。ならば、電車で近くの温泉へでも行こうかと、弘法山でも登って秦野の鶴巻温泉でもと思いましたが、混雑する気がして、

「そうだ筑波山、行こう。」

と、筑波山を目指すことにしました。
 
 以前、筑波山に冬に登ろうと計画したとき、都合が悪くなりキャンセルしたことがあり、今回がはじめて。朝早く6:30に地下鉄に乗ったら、つくばエクスプレスとバスで8時30分には筑波山の入り口に到着します。
筑波神社で登山の無事をお参り。
登山道は整備され、ブナと杉の雑木林を歩きます。
弁慶七戻り(偶然石が挟まっている)
 
1時半ほどで女体山山頂(にょたいさん)へ到着。
遠くは霞ヶ浦(蝶3匹+1匹が右上に)。
ロープウェー駅はピラテゥス山の駅に雰囲気が似ている(笑)。
つくばうどん(月見)のランチをいただく。
男体山(なんたいさん)から富士山方面を眺める。
帰りはロープーウェイで下山。
筑波神社で筑波山名物「ガマの油」の実演販売中。
最後は、「雲上の湯」でストレッチ。
眺めがいいので気分爽快。

  麻布十番の温泉が筑波山の温泉になってしまいましたが、明治神宮も、筑波山も、新緑が眩しいぐらいに輝いていました。日本の自然は開高健の表現によると「第2次プリミティブ(Primitive)」。
 
 だからこそ、美しい... 新緑に癒された休日でした。


 「私が、あっちゃこっちゃ釣り歩いて、魚釣りをした経験でいくと、魚釣りはプリミティブの度合いを探求する一番のいい方法のようなもんなんですがね。アマゾンとかあぁいうんは後退する一途!
 アラスカとかカナダとか住民が発達していて、民度が「魚を保護する」「大事にする」「自然を守る」という精神のある、自然の豊かな先進国ほど、プリミティブな自然が残されている。
 それはプリミティブとは言えない、人間が取らないとか、放してやるとか、保護するとか、ふ化場を設けるとか色々努力したあげくの、それですから。

 いわゆる第一次プリミティブと言うよりは第二次プリミティブみたいなもんだけれどもインドネシアとかタイランドとかアマゾン、これらの国では第一次プリミティブが滅びたとたんにダメになってしまう。

第二次植林しているまもなく、日光に焼けて木がただれてしまう・・・
一種の倒錯現象ですわ。

『文明国であるほど自然があるということだ』 」

                                 By 開高健

2014/05/13

【Walking/Trekking】無言館からじねんや糸川

 5月12日から13日と、1泊2日で新緑の信州でウォーキングを楽しみました。信州上田駅前の宿泊予定のホテルまでレンタカーで乗り付け、電車とバスでウォーキングの起点の無言館へ到着。
 無言館は第二次大戦に出兵したり、結核で亡くなった無名の画家の作品を遺族の方から預かり展示している美術館で、館長の窪島 誠一郎さんは水上勉さんの息子さん。戦地から家族への手紙にもデッサンなどが書かれていましたが、このような施設があると、残された絵も多くの人の目に触れることができますね。

 さて、無言館からウォーキングが始まり、前山寺、龍光院へ。
 曹洞宗の禅寺の龍光院で予約しておいた精進料理楽しみました。

(八角三重の塔)
この地は、優秀な宮大工さんが多かったのでしょうか、ユニークなお寺が多い。
茅葺の寺の屋根などは、はじめて見ました。
 約10kmのウォーキングの目的地は別所温泉の大湯。地元の温泉で150円と破格の値段です。お湯の中でゆっくりとストレッチを行い上田駅前のホテルに戻ります。最近、温泉などの宿の食事がバイキングや、どこでも同じような食事が多いので、地元の料理を求め、夕食は地元の店で済ますことがあります。今回も上田駅前近辺で日曜営業の店に入りました。
 長野県の人はサバの水煮缶が好物らしく、居酒屋の定番メニューになっていました。その他、注文したものはイマイチ。どうやら若者向きの店に入ってしまったらしく残念な夕食になってしまいました。       
 翌日はコーヒーを飲みに「じねんや糸川」へ立ち寄りました。ここは糸川英夫さんが晩年を過ごした自宅で、友人たちと飲み明かしたところです。数年前から近所の人たちが喫茶店として営業をしており、久しぶり(1999年2月以来)に訪ねてみました。
 
  (ペンシルロケット)
   友人から「上田に来たらつけばをぜひ」と連絡をもらったので、「つけば」とは何かを検索し調べてみました。すると、産卵期のウグイが産卵しやすい小石を敷き詰めた「つけば」で、ウグイを獲る漁のことを「つけば漁」というらしいのです。生まれ故郷が長良川の上流(郡上市白鳥)のため、ウグイを食べる習慣がないためか、少し抵抗がありましたが、産卵期のウグイをつけば漁で獲り、塩焼で食べる「鯉西」という千曲川辺のつけば小屋を訪ねてみました。
 ヤナのような感じです。
 産卵期はオレンジ色の縞模様になるウグイ 。鮎のように草食でないので、ウグイは水槽で3日ほどおいて腹の中を空っぽにしてから焼く。
一人前1200円で2匹、ウグイは鯉科で骨が固く、身しか食べませんがカマスのような味。
 学生時代にアルバイトを行っていた居酒屋の名前が、六文銭(名古屋市今池)だったので、勇気凛凛 六文銭の旗印が懐かしく写真に収めました(2016年のNHK大河ドラマは「真田幸村」とのこと)。

今回のウォーキングは「じねんや糸川」「六文銭」と、
20世紀(~1999年)までの過去を思い出す懐かしい旅になりました。