2017/02/05

【Japan】シリア難民とスティーブ・ジョブズの生涯(2017年1月29日のブログの続き)

 今回のブログは頭を整理しておきたかったことを備忘録としてまとめたもので、いつもと趣が違いますが、2017年1月29日のブログ「鶴岡八幡宮の初詣とヨブ記、そして映画『沈黙 -サイレンス-』」におけるヨブが対峙し納得した全能者を「宇宙の法則」と捉え直したものです。

(By Sam Dredge)

 相対性理論では時間と空間は相互に関連したもの(時空)として捉えられていますが、さらにブロック宇宙論では時間は過去、現在、未来と流れるのではなく同時に存在していると捉えられています。この考え方が正しいか否かは別にして、過去、現在、未来が同時に存在するならば、過去が未来に影響するのと同じように未来が過去に影響する、と考える学者もいます。そして、はじまりと終わりの中間には量子力学的なレベルを含め未来の選択が不確定性を引き起こしている、はじめと終わりは決まっていたとしても中間に不確定性があるが故に自由意志が存在する余地がある、とも言われてします。あるいは、脳科学的には0.2秒だけ自由意志が存在する、という研究結果もあります。

 因果律的な考え方には時間が過去から現在に流れる、という大前提があり、その大前提があった上で「過去の原因が現在の結果を生む=因果応報(因果律)」と考えます。ヒンズー教的には「善をなすものは善生をうけ、悪をなすものは悪生をうくべし。浄行によって浄たるべく。汚れたる行によって、汚れをうくべし」と捉え、ヨブと友人は神が出現する前は「因果応報をヨブはよい行いをしてきた者にはよい報い、ヨブの友人は悪い行いをしてきた者には悪い報いを受ける」と捉えていました。
 イスラーム的には「審判の日に(天の)帳簿が開かれるのですが、その帳簿にはその人の行為が詳細に記録されています。記録したのは天の経理担当者ではなく、現世の各人の右肩と左肩にいる天使で、右肩の天使が善行を、左肩の天使が悪行を詳細に記録しています。そしてこの帳簿は審判の日に右手に渡されたものは天国へ、背中に渡された人は地獄へ送られます。」 (イスラーム金融とシャリーア・コンプライアンス) 、と因果応報が現世と来世にまたがっています。

 しかし、キリスト教は因果律でなく「人が救われるのは、人間の意志や能力によるのではなく、全く神の自由な恩恵に基づくという聖書の教理。」という予定説(Predestination)になります。キリスト教的には因果律という考え方は存在しません(ユダヤ教的にはヨブ記において、因果律に対する疑問は示されたが、確立しなかった)。


 因果律の逆に、未来が過去に影響を与える(逆因果関係)としたら、自分の未来を知るためには過去を振り返ることが重要になってきます。ユダヤ教のタルムードには未来を拓く方法として「後ろ向きに座って櫓を漕ぐ」という格言がありますし、スティーブ・ジョブズは有名なスタンフォード大学での講演でこのことを強調しています。


 「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、
 君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。
 だからこそバラバラの点であっても
 将来それが何らかのかたちで
 必ず繋がっていくと信じなくてはならない。
 運命、カルマ…、
 何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。」


 では、スティーブ・ジョブズの生涯でこのことを考察してみましょう。

 スティーブ・ジョブズの代表的なイノベーションのひとつはスタンフォード大学の講演でも述べている美しいフォントです。

 「退学を決めて必須の授業を受ける必要がなくなったので、カリグラフの講義で学ぼうと思えたのです。ひげ飾り文字を学び、文字を組み合わせた場合のスペースのあけ方も勉強しました。何がカリグラフを美しく見せる秘訣なのか会得しました。科学ではとらえきれない伝統的で芸術的な文字の世界のとりこになったのです。」

(nippon.comより)

 ジョブズの言葉に「科学ではとらえきれない伝統的な文字の世界」とありますが、文字を神への芸術にまで高めたものとしてアラビア書道があります。

 「神の言葉を美しく書くために、1本の線に磨きをかけながら1000年以上の時間をかけて作り上げてきたんです。調べて見ると、文字のいろいろな部分の比率が黄金分割になっている。ピカソはアラビア書道について『すでに芸術の最終目標に達し始めている』と言っています。西洋美術が追い求めてきた完全な美しさを体現している。」


 そして、もうひとつのイノベーションはスマートフォンではないでしょうか。スティーブ・ジョブズそのものがスマートフォンを発明した訳ではないでしょうが、現在使われているスマートフォンの基本的な機能や形を定義し普及させたのは彼です。そして現在、スマートフォンはシリア難民などの必須ツールです。(「難民はなぜスマホを持っているの?」という素朴な疑問の答えから見えてくること

 「死と隣あわせの海の旅の途中で撮った写真は、難民申請を行う際の証明材料のひとつになります。また、スマホのGPS機能は、避難の道のりで大きな役割を果たしてくれることはいうまでもありません。さらに、先に同ルートを辿った仲間と情報交換をしたり、旅の途中ではぐれた家族と、アプリで連絡を取りながら目的地で再会するといったことも、スマホがあるからこそ可能になることなのです。」

(UNRWAより)

 2011年3月に起きたシリアの内戦から多くのシリア人が難民となりました。よく知られたことですが、スティーブ・ジョブズの実の父親はアラビア語を話すシリア人です。そして、美しいフォントのイノベーションはアラビア書道の影響からとも考えれますし、シリア難民の手助けをしているのがスマートフォンとも考えられます。

 スティーブ・ジョブズが亡くなったのはシリア難民が出現した年である2011年(10月)。未来が過去に影響を与えるとしたら、ジョブズの生涯は以下のように捉えることができます。

 「シリア難民の出現にジョブズの生涯が間に合った」

 そしてもし、はじめと終わりが決まっているならば、ジョブズの生涯は宇宙の法則通り(不確定性状態における自由意志でNeXTを創業した)、と捉えることができるのではないでしょうか。